ドレインキャットと呼ばれていたシンガプーラの歴史

「シンガプーラ」という名は、シンガポールを意味します。その名のとおり、シンガプーラはもともとシンガポールに住み着いていた猫です。
下水溝に住み着いていたこの猫は「ドレインキャット」と呼ばれていた野良猫で、現地の人から関心を集めることはありませんでした。

シンガプーラの品種化

1970年代初頭、シンガポールに赴任していたアメリカ人科学者のハル・メドウは、とても小さな体をしているドレインキャットを譲り受け、帰国の際に持ち帰り繁殖を開始します。

ハルは、妻トミーとともにアビシニアンの繁殖も行う愛猫家です。シンガポールから持ち帰った猫の繁殖は順調に進み、小さく愛らしい容姿をもつ猫たちが誕生。シンガポールにルーツをもつ猫であることから、シンガプーラと名付られました。

繁殖開始後、シンガプーラは早い段階で注目されはじめ、1979年にはTICA(The International Cat Association)・1988年にはCFA(The Cat Fanciers‘ Association)のチャンピオンシップにも登録され愛猫家の間で人気を集めていきます。

シンガプーラ=アビシニアン?

メドウ夫妻によって、アメリカで繁殖が開始されたシンガプーラ。誕生した猫は、アビシニアンに似た「ティッキング」と呼ばれる特徴の毛並みをもっていました。ティッキングとは、一本の毛に異なった色の帯があることをいます。

アビシニアンに似た特徴をもつシンガプーラは、純粋な土着猫かどうかの判断が確定できず、アビシニアンとのハイブリッド(人工的な交配・異種交配)であるという見方もあります。

これは、メドウ夫妻がアビシニアンやバーミーズの繁殖にも取り組んでおり、愛猫のアビシニアンを赴任先のシンガポールに持ち込んだという記録があることに理由があります。意図しておらずとも、交雑の可能性があるのではないか……という訳です。

しかし、メドウ夫妻が野良猫を譲り受けて育てたという事実に誤りはなく、TICA・CFAともに公認が取り消されることはありませんでした。

現在では、希少種のひとつとして世界中で知られる猫種となりました。

シンガプーラの体-世界最小とされるサイズが特徴

シンガプーラの最大の特徴は、その小さな容姿です。純血種として扱われている猫種では世界最小で、体重は2~4kgほど。平均的なサイズの猫よりもひと回り以上小さな体をしていいます。

筋肉質なコビータイプに近い、セミコビータイプのシンガプーラは、小さいながらも比較的どっしりとした体格をしています。四肢・胴体・尻尾はコビータイプに比べると長く、スタイルのよさが魅力です。

やや上がり目の丸く大きな瞳は、アイラインが入ったようにぱっちりとしています。やや離れ気味についたかわいらしいカップ状の耳も、小さなシンガプーラのキュートさをより印象づけているのではないでしょうか。

シンガプーラの被毛

被毛は短毛種で、絹のように細い毛はつややかな触り心地です。毛の1本1本に明るい色と暗い色の帯があるティッキングは、根元から先端にかけて色が濃くなります。
公認されている毛色は、アイボリーの地色に濃褐色のティッキングをもつセピアアグーティです。

シンガプーラは、短毛種のため比較的お手入れが簡単です。一方では寒さに弱く、日本の秋~冬季など、寒さが厳しい時期には室温を高めに設定するとよいでしょう。

シンガプーラの性格-小さな体でも大きな性格をもつ

シンガプーラは小さな体のかわいらしいイメージとは異なり、好奇心旺盛で行動的な気の大きい性格です。とても遊び好きで、棚の上や人の肩など高いところに乗りたがります。
飼い主さんとのコミュニケーションを好む愛情深い性格をもつ猫なので、一緒に遊んであげると喜ぶことでしょう。

また、シンガプーラは比較的鳴き声が小さい猫といわれています。マンション暮らしの方やご年配の方がいるご家族にも安心で人気の猫種です。

まとめ

公認純血種のなかでは、世界最小の猫といわれているシンガプーラ。かわいらしい小さなサイズの体に魅力の猫種です。好奇心旺盛で愛情豊かな性格をもっているので、多少のいたずらは許してしまうかもしれませんね。また、シンガプーラは鳴き声も小さくお手入れも比較的かんたんで飼いやすい猫種のひとつです。小型の猫を迎え入れたい方は、候補のひとつとしてみてはいかがでしょうか?