メイフラワー号でやってきたアメリカンコッカースパニエル

1620年、メイフラワー号に乗った入植者が連れてきた犬のなかに、イングリッシュコッカースパニエルがいました。
その後も入植するたびにイングリッシュコッカースパニエルは持ち込まれ、そのなかから体が小さい犬を選抜して繁殖した結果、アメリカンコッカースパニエルの土台ができたそうです。

猟犬のイングリッシュコッカースパニエルにくらべ、愛玩犬として改良されたアメリカンコッカースパニエルは、マズルが短くボリューミーな毛並みが特徴。この2種はよく似ていますが、1935年にはアメリカで、1968年にはイギリスでも別の犬種と認められました。

アメリカンコッカースパニエルは、ディズニー映画『わんわん物語』のヒロインになったことで、世界中で知られる犬になりました。日本では長い犬種名から「アメコカ」と略されることもあります。

陽気で社交的! アメリカンコッカースパニエルの性格

つやがあってカールした毛並みが優雅なアメリカンコッカースパニエルですが、その素顔は人懐こく、初対面の人にも陽気に接します。無駄吠えすることもなく、どんな人でも飼いやすいと言われています。

甘えん坊の一面もありますが、とても賢く物覚えのいい犬種です。大きな声で叱ったり何度も同じことを言ったりしなくても、しつけに苦労することはないでしょう。感受性が豊かで、飼い主の気持ちや表情をよく理解します。

飼い主と過ごすことを好むので、なるべく一緒にいる時間をとりましょう。1匹で留守番させることが多い家庭での飼育にはあまり向いていません。

アメリカンコッカースパニエルを飼うなら注意したいこと

アメリカンコッカースパニエルを飼うとき気を付けたいのが、肥満です。
アメリカンコッカースパニエルの標準体重はオス11~13kg、メス11~12kgと、中型犬にしては小柄で食欲旺盛。肥満になりやすい犬種です。

先祖が猟犬だったために運動が大好きなので、毎日の散歩のほかに、ボール遊びなどの運動も取り入れましょう。社交的なアメリカンコッカースパニエルは、ドッグランなどに連れて行っても喜んでくれますよ。

長く細い被毛はとても絡まりやすいので、毎日のブラッシングが欠かせません。美しさを保つために定期的なトリミングも必須です。

アメリカンコッカースパニエルが気を付けたい病気

アメリカンコッカースパニエルの寿命は12~15年。もともと丈夫な犬種ですが、目の病気には注意が必要です。

特にかかりやすいのが白内障や緑内障。予防法は残念ながら特にないので、早期に発見して治療を開始することが重要です。ひどい涙目、目が濁っているなどを見つけたら、すぐ動物病院を受診しましょう。

また、膝蓋骨脱臼も気を付けたい病気のひとつ。足を引きずるなどのしぐさや足を触られるのを嫌がるなどする場合は動物病院に相談してください。フローリングなどの滑りやすい場所や高い所からの飛び降りなどには十分注意が必要です。

特徴的な長い耳も湿気がこもりやすいので、外耳炎にも気を付けたいですね。

まとめ

アメリカンコッカースパニエルの特徴をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。かわいい顔立ちにふわふわの被毛、賢く陽気な性格など、アメリカンコッカースパニエルには魅力がいっぱいです。

家族の一員に迎えたら、家族みんながアメリカンコッカースパニエルのとりこになること間違いなしですよ。

アメリカンコッカースパニエルのブリーダーについて

魅力たっぷりのアメリカンコッカースパニエルをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なアメリカンコッカースパニエルを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。アメリカンコッカースパニエルが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのアメリカンコッカースパニエルブリーダーに移動します