チャイニーズ・クレステッド・ドッグってどんな犬種なの?

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは、ヘアレスドッグのなかでもっとも有名でもっとも人気の犬種です。体高は28~33cmで、体重は5.5kg以下で小型犬に属し、すらりと足が長く大きな立ち耳で、しっぽは垂れています。

特徴は何といっても見た目。ヘアレスといっても、チャイニーズ・クレステッド・ドッグには足の先や頭、顔には毛が生えていて、さらに全身に毛が生えている「パウダーパフタイプ」もいます。いずれも毛は絹糸のように細くしなやか。毛の有無でまったく違う犬に見えますね。

アメリカで毎年開催されている「世界一醜い犬コンテスト」では、歴代の優勝犬でもっとも多い犬種がチャイニーズ・クレステッド・ドッグです。そのせいか、チャイニーズ・クレステッド・ドッグに「ブサイクな犬」のイメージを持つ人もいますが、実際は気品ある立ち姿が美しい犬種です。

個性的な外見はもちろんですが、素直で愛嬌のある性格や独特のさわり心地も、チャイニーズ・クレステッド・ドッグの人気の理由のひとつです。

無毛のチャイニーズ・クレステッド・ドッグは無臭?

犬の体には皮脂が混じった汗を排出する「アポクリン腺」がたくさんあります。人間のワキガの原因がアポクリン腺から排出される汗で、犬の体臭の原因でもあります。ヘアレスタイプのチャイニーズ・クレステッド・ドッグは、このアポクリン腺の量がほかの犬種と比べてかなり少ないです。そのため体臭がほとんどありません

また、人間には全身にあって、犬には足の裏にしかないエクリン腺が全身にあります。汗で体温調節できるので、ヘアレスのチャイニーズ・クレステッド・ドッグは通常犬が行う「ハアハア」というあえぎ呼吸(パンティング)をせず、ヨダレも垂れにくいです。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグはアフリカ生まれの中国育ち

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの原産国にはさまざまな説があります。
大航海時代の最中にスペイン人が中南米で発見したことから、チャイニーズ・クレステッド・ドッグは南米が原産と思われてきました。同じく南米原産のチワワと似ていることや、毛がないので寒い国では生きられないと思われたことが決め手となったようです。しかしその後、チャイニーズ・クレステッド・ドッグはアジアやアフリカなど世界中のさまざまな国で発見され、原産国はなかなか定まりませんでした。

最近のDNA研究で、チャイニーズ・クレステッド・ドッグの南米原産説は否定されました。今では、アフリカにいたアフリカン・サンド・ドッグが祖先とされ、13世紀ごろに貿易で中国に渡った無毛の犬が中国で改良され、小型になって世界中に広まったと考えられています。
当時に船にはネズミ駆除用に犬や猫を乗せていましたが、毛がなくノミがつきにくいヘアレスドッグは重宝されていたようです。また、犬の体温は37.5~39℃ですが、チャイニーズ・クレステッド・ドッグの体温は40℃を越えます。そのため、湯たんぽの役割もあったといわれています。

犬種名の「クレステッド」は、中国古来の髪型である辮髪(クレステッドへア)からつけられたといわれています。中国では毛の生え方から、伝説の霊獣の名を取って麒麟狗と呼ばれることもあるそうです。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの性格は?

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは朗らかで献身的な性格です。感受性が高いので、飼い主の気持ちをよく理解してくれるでしょう。うれしいときは体全身で喜びを表す甘え上手で、小型犬に多い気の強さやせわしなさも少なく、物静かな犬種です。

家族以外に対しては警戒心を強くする傾向があります。しかし初対面でフレンドリーにふるまうことは少ないですが、攻撃的になることはありません。心を開くのに時間がかかるだけで社交性が低いわけではないので、多頭飼いにも適しています。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは繊細で、ほかの犬に威嚇されたり飼い主に強く叱られたりすると、内にこもってしまうところがあります。内弁慶にならないよう、子犬のうちから人や犬との触れ合う機会をたくさん作りましょう
マイペースなので、しつけには時間がかかるかもしれません。強く叱るとやる気をなくすので、おもちゃやおやつを利用し、楽しみながら教えてください。

仲間である家族には深い愛情を示し、献身的に尽くします。だれかが落ち込んでいたらぴったり寄り添ったり、自分のおもちゃを貸してくれたりするチャイニーズ・クレステッド・ドッグもいるそうですよ。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグを飼うときの注意

ヘアレスもパウダーパフも服が必須。冬の寒さに耐えられず、夏の紫外線にも弱いです。ただし、羊毛にアレルギーを起こすことが多いので、その点は注意して選んでください。あまり運動量は多くないので、散歩は20分程度、冬期は室内の運動だけでも十分です。

ヘアレスの場合はスキンケアが欠かせません。乾燥防止や日焼け止めなどのクリームを塗り、吹き出物などが出やすいので週に1回はシャンプーしましょう。乾きやすいのでそう大変ではないです。
パウダーパフは絡まりやすいので、少なくとも2日1回のブラッシングが必要です。

ヘアレスは遺伝的に安定しておらず、歯が少なかったり小さかったり、体が丈夫でなかったりすることが多いです。特にヘアレスとヘアレスの組み合わせで生まれた子犬に異常が出やすいようです。飼い主と犬の幸せのために、子犬を迎えるときは両親犬や祖父母犬の状態も確かめられるブリーダーを探しましょう。

ジャンプ力がありますが、チャイニーズ・クレステッド・ドッグは骨が細く骨折や脱臼の心配があるので、飛び跳ねさせたり後ろ足で立たせるのはできるだけ避けてください。高い段差からの飛び降りやドッグスポーツも注意したほうがいいですね。

まとめ

ヘアレスの個性的なスタイルは魅力ですが、パウダーパフのシルキーな毛並みの美しさも魅力です。チャイニーズ・クレステッド・ドッグは見た目に注目が集まりがちなものの、実際に飼い始めると愛嬌があって甘えん坊の性格や、温かな手触りに癒される人も多いようです。
スキンケアや温度の管理には気を遣いますが、チャイニーズ・クレステッド・ドッグは人の感情を敏感に察して行動してくれ、飼い主の生活を豊かにしてくれるでしょう。

猫のような犬? ペキニーズの特徴と飼い方のポイント

ペキニーズはチャイニーズ・クレステッド・ドッグと同様、中国が原産の個性的な小型犬。つぶれた顔に短い脚とユーモラスな外見ながら、人に媚びないプライドの高さも魅力です

チャイニーズ・クレステッド・ドッグのブリーダーについて

魅力たっぷりのチャイニーズ・クレステッド・ドッグをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なチャイニーズ・クレステッド・ドッグを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。チャイニーズ・クレステッド・ドッグが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのチャイニーズ・クレステッド・ドッグブリーダーに移動します