大型犬の特徴は?

トイプードルチワワなど、小型犬の人気が高い日本。飼育環境の広さや生活スタイルが影響しているかもしれませんね。一方で、アメリカでは大型犬の人気が高いようです。

大型犬の特徴として、代表的なポイントは安定した気質。ワーキングドッグとして活躍している犬種が多いことからも分かるとおり、とても賢く、従順さを持っていると言えます。人間との関係が深く感じられることが大型犬の魅力です。

【10位】ジャーマン・シェパード・ドッグ(318頭)

「ジャーマン」の名が示す通り、ドイツ原産のジャーマン・シェパード・ドッグ。ヨーロッパ初期からドイツの山岳地方に生息し牧羊犬として活躍していたとの記録が残っています。その後、1899年に初めてスタンダードがドイツで制定されました。ワーキングドッグとしての才覚があり、警察犬・盲導犬・護衛犬・災害救助犬として活躍しています。

ジャーマン・シェパード・ドッグの性格と特徴

ワーキングドッグとして活躍しているようにとても賢く、家族に忠実な性格を持ちます。体は筋肉質で素早い動きを見せるなど、運動能力にも優れた犬です。被毛は二重構造のため抜けやすく、週に3回位のブラッシングが必要です。運動は毎日行いましょう。長時間の散歩を行ない、ドッグランで走る機会も取り入れるようにしましょう。

【9位】グレートピレニーズ(325頭)

紀元前1800~1000年頃には生息していたとされるグレートピレニーズ。その名の通り、フランスのピレネー山脈を出身としています。牧羊犬・ソリ犬として活躍していたワーキングドッグで、ヨーロッパでは現在でも牧羊犬として飼育されています。アメリカや日本では家庭犬として広く普及しています。

グレートピレニーズの性格と特徴

グレートピレニーズは、家族には従順で穏やかな性格をみせる一方、他者には断固とした態度で臨む番犬気質でもあります。被毛は二重構造のダブルコートなので、ブラッシングは毎日入念に行ないましょう。特に春から夏にかけて迎える換毛期には注意が必要です。ソリを引くほどパワフルな運動能力を持つので、散歩だけではなくドッグランなど広い場所での運動も取り入れると良いでしょう。

【7位】ボルゾイ(329頭)

8位は、同数で2頭。うち1頭は、ここでご紹介するボルゾイです。ボルゾイとはロシア語で「俊敏、機敏」を意味します。その通り、美しく気品を感じさせる流線でしなやかなボディが特徴的です。

ボルゾイの性格と特徴

明るく温和な性格のボルゾイ。エキゾチックな雰囲気とは異なり、はしゃいだり、じゃれたりすることを好むかわいらしい一面が魅力のひとつです。一方で感覚は鋭く、時に神経質になることもあります。シルキーで柔らかいコートは、輝きを保つため毎日1回はブラッシングをすると良いでしょう。その昔、オオカミやウサギ猟で活躍したように運動神経は優れています。そのため、週に2回は屋外の放せる場所で、充分な運動をさせる必要があります。

【7位】ダルメシアン(339頭)

海外のアニメーション映画でもおなじみのダルメシアン。長い間議論されているようですが、起源はまだ分かっていません。ダルメシアンの名は、この犬が初めて認められたクロアチアの地方「ダルメシア」から取られています。番犬、狩猟犬、害獣駆除犬、伴走犬など様々なシーンで活躍しているとおり、とても賢い犬種です。

ダルメシアンの性格と特徴

もの覚えが良く、自発的に行動したがる性格のダルメシアン。見知らぬ人間や犬にはなかなか打ち解けない面があるため、子犬のころから家族以外の人間や犬に慣れさせておくことが必要です。体を動かすことを好むため、多くの運動が必要です。長時間走らせるなど、出来るかぎり運動の時間は確保しましょう。

【6位】ドーベルマン(365頭)

ドイツを原産とし、同国を代表する犬種のひとつでもあるドーベルマン。精悍な顔つきと引き締まった体でシャープな印象を覚えます。俊敏さと主人への従順さを持つドーベルマンは、警察犬・番犬・護衛犬として優れた能力を発揮し活躍しているワーキングドッグです。

★ドーベルマンの性格と特徴

警察犬や番犬として活躍していることからも、警戒心は強いと言えます。家庭犬として育てるには、子犬の頃から服従訓練を行ない人に慣れされるなければなりません。飼い主には、友好的で従順な一面を見せます。短く剛毛のコートは手入れが簡単で、柔らかめのブラシでマッサージをするようにケアするとよいでしょう。運動は日課とし、たっぷり走らせることが必要です。

【5位】フラットコーテッドレトリバー(379頭)

ラブラドールレトリバーニューファンドランドの両犬種を基礎として、他犬種の血を加えて改良が重ねられたのがフラットコーテッドレトリバーです。原産国はイギリスで、水鳥猟で活躍しました。

★フラットコーテッドレトリバーの性格と特徴

いつも機嫌がいいように見えるほど、明るい性格です。子どもたちとも親しくコミュニケーションがとれ、家庭犬に向いています。ところどころふさふさとした飾り毛がありますがコートのケアは短時間で良く、定期的なブラッシングで美しい毛並みを保てます。大型犬らしく運動能力が高いので、外で走らせるなど運動する機会は多く設けましょう。

【4位】シベリアンハスキー(768頭)

4位からは頭数が増えていきます。オオカミのようなシャープなマスクが特徴的なシベリアンハスキー。起源は遥か遠い昔で、シベリアとアラスカが地続きだった頃から存在しているとされています。遠吠えする声がしゃがれ声(ハスキーボイス)であることから、その名がつけられました。

★シベリアンハスキーの性格と特徴

強面の見た目とは裏腹に、人にはとても友好的な性格のシベリアンハスキー。飼い主には従順で、子どもにも慣れやすく家庭犬としての素質があります。ソリ犬として活躍しているとおり、仕事も喜んで取り組むなどワーキングドッグしても優れています。コートは二重構造で、週に1回は入念なブラッシングが必要です。春から初夏にかけての換毛期には特に気をつけてケアを行ないましょう。運動能力は高いので、ストレスをためないように運動する機会は多めに。

【3位】バーニーズ・マウンテン・ドッグ(1338頭)

スイスを原産とするバーニーズ・マウンテン・ドッグ。起源は古代までさかのぼり、古代ローマ帝国がスイスへと侵攻しさ際に持ち込まれたとされています。牧羊犬や荷車を引く犬として、そして護衛犬としても長い間飼育されていました。今もなお、ワーキングドッグとしてヨーロッパでは活躍しています。

★バーニーズ・マウンテン・ドッグの性格と特徴

性格は温和で、見知らぬ人にも動じずささいなことでは騒がないバーニーズ・マウンテン・ドッグ。陽気で賢く、家族犬にも適していると言えます。トライカラーが印象的なコートは厚く、毎日規則的なブラッシングが必要。バーニーズ・マウンテン・ドッグもまた、運動を得手としているため、運動不足にならないように心がけましょう。

【2位】ラブラドールレトリバー(4266頭)

上位2頭は一気に登録頭数が増加し、ともに4000頭以上となります。

ラブラドールレトリバーの名は、長い間ラブラドル半島(カナダ北東部)にて網からこぼれた魚を集める役割を果たしていたことから名づけられました。野原や水中での猟をはじめ、護衛犬、家庭犬、盲導犬、地雷探査犬(鋭い嗅覚から地雷を発見する役割)を担うなど様々な役割をこなす働き者です。

★ラブラドールレトリバーの性格と特徴

人間に忠実で与えられた仕事を熱心に取り組むラブラドールレトリバー。ワーキングドッグとしての役割だけではなく、ショードッグとしてもポピュラーな犬種です。争うこともあまりない平和な性格ですが、幼犬のうちからほかの犬や人間と接する機会を多く設けるとセールスポイントの社交性をより発揮できます。ケアは大変ではなく、毎日軽いブラッシングを行なうとよいでしょう。運動時間はやはり、多めに取る必要があります。泳ぐことが好きなので、時には泳ぐ機会を設けるとよいでしょう。

【1位】ゴールデンレトリバー(4823頭)

大型犬と言えばゴールデンレトリバーを真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。19世紀初頭のイギリスを原産とするゴールデンレトリバーは、優れた回収能力と鋭い嗅覚、天候を問わず泳げる能力を武器に鳥猟犬として活躍してきました。人間の要求にしっかり応えられる従順さを活かし、野外でのトライアルや服従訓練でも優れた力を発揮します。

★ゴールデンレトリバーの性格と特徴

優しくて愛情豊かな性格を持つゴールデンレトリバー。友好的で飼い主や家族に忠実な一面を見せます。大人しくとても利口なため、人間の要求にも臨機応変に応じられます。そのため、人命救助犬や盲導犬としても活躍するなど、人間との深い関わりを感じさせる犬種と言えます。体を覆うコートは厚く、毎週のブラッシングとシャンプーによるケアが必要です。皮膚病にかかりやすいため、気をつけましょう。運動能力の高さから考えられるように、1日に少なくとも2時間ほどは運動させる必要があります。

まとめ

2017年度のJKC 「犬種別犬籍登録頭数」をもとに、日本における大型犬人気犬種をランキング形式で探ってきました。従順さと愛情深さを持ち、賢い犬種が多い大型犬。小型犬とはまた異なる魅力を知ることも、良いのではないでしょうか。

執筆者プロフィール
『みんなのペットライフ』編集部スタッフが、わんちゃん・ねこちゃんの飼い方、しつけのアドバイスなど、毎日のペットライフに役立つ知識や情報をお届けします。

大型犬のブリーダーについて

魅力たっぷりの大型犬をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な子犬を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の大型犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのブリーダーに移動します