キジトラってどんな猫?

キジトラは日本でよく見られる猫の柄です。独立した猫種ではなく、キジトラ柄の猫をそう呼んでいるということになります。

キジトラはこげ茶色をベースに全身に縞模様の黒い線が入っていて、鳥のキジに似ていることからそう呼ばれるようになりました。猫の柄としては、「ブラウンマッカレルタビー」です。

同じような縞模様に茶トラ、サバトラがありますが、べースの色が明るい茶色の場合は茶トラ、灰色の場合はサバトラと呼ばれます。

アメリカンショートヘアともよく似ていますが、キジトラの背中からおなかにかけての模様は縞なのに対し、アメリカンショートヘアはうず巻きのようなマーブル模様。顔立ちはキジトラの鼻筋は長く、アメリカンショートヘアは短めで目と鼻の距離が近いです。

しかし、キジトラは柄を指す言葉なので、アメリカンショートヘアも「キジトラ」と呼ばれることがあります。ちょっとややこしいですね。

キジトラの歴史は?

私たちが飼っている猫の祖先はリビアヤマネコです。
4000年以上前にリビアヤマネコの一部が人間に飼われるようになり、猫へと進化しました。リビアヤマネコの柄はキジトラしかなかったため、そこから長い間猫の柄といえばキジトラだったようです。

日本に猫が渡ってきたのは、1300年ほど前の奈良時代だと言われています。
中国から仏教の経典などを輸入した際に、大切な書物をネズミの食害から守る益獣として、一緒に猫も輸入されました。このときの猫がキジトラだったそうです。この歴史から、いまだに日本で生息している猫の多くがキジトラ柄となっています。

野性のリビアヤマネコと同じ柄のキジトラは、野生性を色濃く残しているとされ、猫の中でも警戒心が強いのが特徴です。抱っこどころかなでられるのも嫌がるなど、飼い主にも一定の距離感を保つ個体が多いようです。

キジトラの性格を知って仲よくなろう

警戒が解かれると一気に甘えん坊に

キジトラは基本的に警戒心が強い性格で、神経質だったり、好戦的だったり。飼ってしばらくたっても触らせてくれなかったり眼の前でごはんを食べなかったり、飼い主としてはさみしいかもしれませんね。

しかし、安心できればキジトラも他の猫のように甘えることがあります。特に、メスよりもオスの方が甘えん坊になりやすい傾向があるそうです。

キジトラは自分に危害を加えないかどうかをじっくり判断しているので、無理に抱っこして仲よくなろうとするなんて言語道断。家族の中でも懐き方に差が出るのは当然です。

仲よくなる秘訣は、いつもエサをあげたり、トイレを掃除したり、献身的に世話をしてすることと、無理矢理ベタベタ触ったりしないこと。いつもツンとしているだけに、飼い主だけに甘えるキジトラの姿はこの上なくかわいいですよ。

一緒に遊んでコミュニケーションを取ろう

野性に近いせいか、キジトラは狩りに対する熱意も他の猫より強い傾向があります。遊べないとストレスが溜まり、ますます攻撃的になることも。一緒にたくさん遊んであげることで、キジトラとの距離はぐんと縮まるはずです。

遊ぶときはキジトラの本能を刺激するよう遊び方を工夫して誘いましょう。猫は飛んだり捕まえたりといった動きが好きで、薄暗いときや空腹のときに活発になります。
おもちゃは猫に見えやすい青や黄色、きらきらしたものがおすすめ。飽きないように、10分程度遊んだら切り上げるといいですよ。

運動不足の解消には他の猫と遊ばせるのもよさそうですが、キジトラは猫に対しても警戒心が強いため、多頭飼いには向いていないとされています。個体差はありますが独占欲が強いタイプなので、飼い主が一対一で遊んであげる時間を確保しましょう。

今すぐ試したい・キジトラに懐かれるための秘訣

キジトラから見れば人間は巨大で、恐怖心を感じるのは当然のこと。そのため、キャットタワーを用意したり、棚の上などに座布団やクッションを置いたり、キジトラが人間より高い位置にいられる配慮をしてください。
「思ってたより小さいな」とキジトラが感じてくれればしめたもの。「体育すわり」も体が小さく見えておすすめです。

また、一般的に猫は予想外の行動を取られるのが苦手です。猫が子どもが苦手でお年寄りが好きなのはこのためだと言われています。
大きな声や急な動きは控え、小さな声とゆっくりした動作を心がけてください。

においにも注意が必要です。猫は柑橘系やフローラル系、メントール系のにおいが苦手。飼い主が使っている香水や柔軟剤、もしかしたら食器用洗剤などに反応して寄ってこないのかもしれません。
キジトラに好かれたいと思ったら、できるだけ無臭を心がけましょう。

まとめ

キジトラに懐いてもらうには、ご飯をあげたり、おもちゃなどで遊んであげたりする他は、下手に触ったりせず慣れるまで放っておくのがいいみたいですね。かわいいキジトラを抱きしめたい気持ちはグッと抑え、キジトラの方から寄ってくるのを気長に待ちましょう。

子猫のコミュ力を磨く遊び方って? おすすめのおもちゃも紹介します

子猫のころからコミュニケーション力を鍛えれば、そっけないキジトラだって懐いてくれやすい!?

猫のブリーダーについて

魅力たっぷりの猫をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなの子猫ブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な子猫を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなの子猫ブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の猫を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなの子猫ブリーダーに移動します