第1位:ゴールデンレトリバー

堂々の第1位は、ゴールデンレトリバーです!過去15年の登録数を見ても常に上位にランキングされる殿堂入りとも言える犬種です。知らない人もほとんどいないくらい知名度も高いです。あの優しい顔に魅了される方も多いでしょう。

元々は鳥狩猟の際に獲物を回収してくる回収犬として、いくつかの犬種を掛け合わせ作られました。その結果、非常に優秀な能力を持つ子犬が産まれ活躍していました。その後も改良が重ねられ人気が出ていきましたが、現在でもその人気は衰えることなく世界的に高い人気を誇ります。

第2位:ラブラドールレトリバー

第2位はラブラドールレトリバーです。ニューファンドランドを祖先に持つ犬種で、こちらもゴールデンレトリバーと同様に長い間人気があります。人気の理由はその賢さや家庭犬としての能力にあります。非常に温厚で従順ですので、他の動物や子供とも仲良く過ごします。活動的なので、ボールなどを投げて回収させたり、プールで泳がせたりなど、活発な遊びをさせてあげましょう。

飼い主を喜ばす事や学習するのが大好きですので、服従競技にも向いています。それだけに退屈してしまうと問題行動を起こすことも。毎日適度な運動と頭を使わせることが欠かせません。

第3位:バーニーズマウンテンドッグ

スイス原産のバーニーズマウンテンドッグが第3位となっています。山岳犬として有名ですが、成犬になるとのんびりと温和になり、家庭犬としても優秀です。更に優しく従順です。屋外を好む傾向がありますが家族と過ごすことに喜びを感じるので、散歩以外は屋外よりも屋内で飼う方が良いでしょう。

どんな仕事もこなす能力があります。毎日の散歩には、何かを引っ張ることを取り入れると喜ぶでしょう。特に寒い時期は外で遊ばせる方が良いようです。

第4位:グレートピレニーズ

元牧畜犬として活躍していたグレートピレニーズが第4位を獲得です!かつては家畜を守る番犬として活躍していました。その名残からか、今でも見知らぬ人や犬に対して警戒は怠らず、挑発をすると向かってくるかもしれません。基本的には非常に温和で従順ですが、信頼出来ない飼い主には従わず、自分が優位に立とうとする所があります。人を良く見ているようです。

運動は必要ですが量はそれほどでもなく、ゆっくりと散歩をする程度で大丈夫です。アップダウンのある坂道を好みます。寒さには強いですが暑さには弱いので、特に夏は健康管理に注意が必要です。

第5位:秋田犬

ザ・日本犬の秋田犬が第5位です!最近は海外でも人気がありますね。元々は狩猟や闘犬として活躍していましたから、攻撃的な時もあります。頑固な面もあり独立心が高いので、万人が扱える犬種ではありません。ですが、きちんとした扱いが出来る人には非常に忠誠心が強く、優秀な伴侶犬になります。かの有名な「忠犬ハチ公」からも、その様子が分かりますね。

密集した被毛やピンと立った耳、日本的なつぶらな瞳で海外でも人気が高く、日本語の名前を付けて可愛がる外国人も多いとか。今、日本にいる犬種は海外からのものが多いですから、日本の犬が世界でも活躍しているというのは嬉しい限りですね!!

まとめ

根強い人気の大型犬、いつかは飼ってみたい!と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?やはり賢く、温和な犬種は人気があります。今後の犬ライフのご参考にして頂けますように!!