柴犬の「キツネ顔」と「タヌキ顔」の見分け方をチェック

柴犬の見た目は、大きく分けて2種類存在します。縄文時代の祖先犬に近い特徴を持つ「キツネ顔」と、長い歴史のなか、進化の過程で発生した「タヌキ顔」です。次にそれぞれの特徴をご紹介します。あなたの柴犬はどちらですか?

イケメン犬も登場! 縄文時代から続く面長の「キツネ顔」タイプ

・面長
・額から鼻筋にかけてのラインが浅い
・歯が大きい
・身体は細身
・全体的にスタイリッシュな印象

面長で細長い顔がキツネに似ていることから「キツネ顔」と呼ばれる柴犬の魅力はなんといってもワイルドな風貌。すらりと引き締まった細い体と大きな歯を持ち、オオカミに近い特徴があります。体の形や大きさ、骨格が縄文時代の遺跡から発見された犬と似ていることから、「縄文柴」とも呼ばれる種類です。柴犬のなかでも「信州柴」が、特にこのタイプに近いとされています。

フェラガモのモデルにも抜擢されたイケメン犬も
その端正な顔立ちとたたずまいから、Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)やCOACH(コーチ)など名だたる世界のハイブランドのモデルに抜擢された柴犬も登場。キリリとした顔つきはまさにキツネ顔の代表格と言えるでしょう。

愛嬌たっぷり。今人気の「タヌキ顔」はニュータイプの柴犬?

・丸顔
・ほほが丸く張っている
・丸い鼻
・首が太く、がっしりした体格
・全体的に丸く愛らしい印象

近年人気の愛らしい顔立ちの柴犬や豆柴はいわゆる「タヌキ顔」にあたります。鼻も顔も丸く愛嬌のある顔立ち。まさにタヌキに似た特徴を持っていることからこのように呼ばれています。筋肉質でしっかりとした骨格を持っていますが、このタイプはキツネ顔の縄文柴からの派生タイプと考えられており、「新柴犬」または「弥生柴犬」と呼ばれています。
柴犬のなかでは岐阜県の地犬「美濃柴」がタヌキ顔タイプにあたります。キツネ顔の柴犬に比べると体長が小さく、体重も軽めです。

柴犬の素朴な愛らしさがつまったタヌキ顔
Instagram(インスタグラム)で世界中から高い人気を集める柴犬も多くはこのタヌキ顔のタイプです。思わず癒されるまんまる顔やまるいフォルムも人気の理由のひとつかもしれませんね。

成長すると顔が変わることも

子犬のうちは各パーツが丸かったり、パーツが真ん中に寄っていたりと、いわゆる“幼い顔立ち”になるものです。タヌキ顔はどちらかといえば幼い顔立ちに近いため、子犬のときはタヌキ顔だったのに成長したらキツネ顔になった、ということもよくあるそうです。もしタヌキ顔の犬が欲しい時は、親犬まで確認できると良いでしょう。

豆柴の顔は?

人気の「豆柴」は小柄の柴犬を交配して繁殖した犬です。今現在、ジャパンケネルクラブ(JKC)では独立した犬種として認められておらず、日本社会福祉愛犬協会(KCジャパン)でのみ認められている犬種になります。
※ジャパンケネルクラブの血統書上は「柴犬」になります。

柴犬同士の交配によって生まれた犬なので、柴犬と同様にキツネ顔とタヌキ顔が存在しますが、タヌキ顔の特徴を持った犬が多く見られます。

顔だけでなくしっぽにも種類がある?

実は柴犬はしっぽにも種類があり、その数は15種類にも及びます。柴犬といえばくるんと巻いたしっぽがキュートですが、昭和初期に発行された文献によれば、巻き尾だけでも「左巻」「右巻」「左二重巻」「右二重巻」「車巻」「半巻」と6種類あり、バリエーション豊かなことがわかります。ほかにも日本刀からその名が付いた「太刀尾」や「薙刀尾」などがあります。日本犬ならではのネーミングですね。

最後に

あなた好みの柴犬はどちらでしたか? 古きよき柴犬の野性的な魅力を残すキツネ顔、愛嬌たっぷり・現代っ子のタヌキ顔。どちらも魅力ですが、柴犬ならではの素朴な魅力は変わりませんよね。ぜひ柴犬を見かけたらキツネ顔かタヌキ顔か見てみてくださいね。