猫砂の素材にはどんなものがある?

猫砂には鉱物や木、紙、おからなどさまざまな素材があります。使い方はどれもだいたい同じで、猫用トイレに敷き詰めるだけ。猫が排泄したら、その部分をスコップなどですくってきれいにします。
システムトイレを使用している場合は、猫砂は水分を固めずに透過するタイプを使いますね。

猫は野性で暮らしていたとき、地面を軽く掘って排泄し、その上にまた砂や土をかけていました。猫の獲物となる小動物に、においで存在が気付かれないようにする効果があります。

猫はトイレの好みやこだわりが強く、気に入らないと排泄しないことも。体の特徴から猫は泌尿器系の病気にかかりやすく、おしっこを我慢してしまうと大変危険です。

直接体に触れる猫砂は、猫がトイレを気に入るか気に入らないかの重要な要因。粒の大きさやそのもののにおい、踏んだときの感触など、気にするポイントは猫によって違います。
主な猫砂の素材を見てみましょう。

猫が好む鉱物系タイプ

鉱物系の猫砂は主に「ベントナイト」という鉱物でできています。
鉱物系の猫砂は消臭力が強く、比較的安価な商品が多いというメリットがあります。固まる力が強いので猫のおしっこの量もわかりやすく、掃除もしやすいですね。
粒が細かく自然の砂に一番近いせいか、猫に一番好まれるのは鉱物系の猫砂だと言われています。

難点は、重量があるということ。また、水洗トイレに流せなかったり、燃えるゴミに出せなかったりという処理の大変さもあります。
細かい粒が猫の毛の間に入り込んで散らかる、粉塵が舞うことで人間や猫の体への影響が心配されるといった問題もあります。

食品由来のおから系の猫砂

おから系の猫砂は、文字通り「おから」が原料です。食べても安全なものが多く、猫が自分でグルーミングするときに猫の口の中に入っても心配ないというメリットがあります。
水洗トイレに流すことも燃えるゴミに出すことも可能で、植物の肥料として再利用できるものもあるそうですよ。粒も比較的細かいので、その点で猫からも高評価です。

デメリットとしては、固まる力が弱く色が変わらないものが多いので、掃除するときにかたまりが見つからなかったり、猫の健康状態がわからなかったりするといったことが挙げられます。
おから独特の臭いが気になるという声は多く、臭いが苦手で使わない猫もいるようです。逆におからが大好きで大量に猫砂を食べてしまって不安という声も聞かれました。

処理のしやすさが魅力の木製猫砂

木製の猫砂はおがくずや木の粉が主な成分で、エコな猫砂と言われています。おから同様、トイレに流せて燃えるゴミにも出せるという処理のしやすさで人気があります。
植物由来の消臭成分が猫の体に安心で、軽いので持ち運びがしやすいといったメリットも。

粉塵が出やすく、粒が軽いので散らかりやすい点は木製の猫砂のデメリットですね。固まる力が弱い商品が多く、おしっこの処理をしようとしたときにバラバラになってしまうのがストレスだという飼い主もいます。

紙製なら体調管理もぱっちり? 紙系猫砂

再生紙などを原料としているのが紙製の猫砂です。
粒が白いものが多いので、猫の尿の異常がわかりやすいことは大きな利点でしょう。処理しやすさや消臭力の高さに定評があり、軽量ということも人気のようです。

粒が大きいので粉塵は少ないですが、肉球などに挟まりやすく散らかりやすいというデメリットがあるようです。また、固まる力や吸収力が弱い商品が多く、猫のおしっこがトイレに溜まったり、溶けた猫砂がトイレにくっついたりといった問題点もあるそうです。

結局、猫が好きなのはどの砂なの!?

猫が好む猫砂のタイプは、「粒が細かい」「吸水性がある」「においがついていない」ものです。

猫は自然の砂に近いから鉱物系が好きだと言われていますが、鉱物系の猫砂が上記の条件に当てはまっているからではないでしょうか。
粒が大きいと肉球の間に入って部屋中に散らかりやすく、猫もあまり好まないようです。吸水性については、自然の状態ならすぐに地面に吸収されて足が汚れたりすることはないため、においについては猫は嗅覚が優れていて、強いにおいを好まないというところからきているようです。

さまざまな猫砂を試して猫の好みを探るのがおすすめですが、どれがいいかわからない場合は上記の条件に合致する猫砂から試してはいかがでしょうか。

どんなに猫が気に入った猫砂でも、処理のしやすさや粉塵の量などで飼い主に合わず、使えないこともあります。その際はトイレの掃除に力を入れてください。

猫がトイレで重視するのは、猫砂の素材より清潔さだと言われることがあります。猫の好みを探すのも大切ですが、掃除はそれよりも重要よ考えて、1カ月に1、2度は猫砂の交換とトイレの丸洗いもしましょう。

猫砂が気に入らないとき、猫はどうする?

猫砂が気に入らない場合に猫は排泄を我慢することがありますが、その他にも以下のようなしぐさが見られたら、猫砂が気に入っていない可能性があります。

・排泄の前後に砂をあまりいじらない
・トイレの縁に足をかけて排泄している
・砂を変えたら粗相するようになった


排泄しているからといって、猫砂を気に入っているというわけでもないようです。
トイレが気に入らない場合もこのようなしぐさをすることがありますが、砂を変えたタイミングなら猫砂が要因かもしれません。

猫は急な変化を好まないので、猫砂を変更するときは今まで使っていたものに新しいものを少しずつ混ぜ、徐々に新しい猫砂の分量を増やしてください。

まとめ

猫の好む猫砂が人間にとっても使いやすい猫砂というわけではないようです。
どの素材にも一長一短ありますが、いろいろなものを試して猫の好みを探ってください。猫砂はどんどん進化しているので、以前好まなかった素材でも、二度と使わないというわけではないようですよ。

また、好みの猫砂を用意してあげるのと同じくらい、猫のトイレを清潔にしておくことが大事です。トイレの整備は猫の健康管理の第一歩だと思って頑張りましょう。

猫の毎日をハッピーに! 猫が喜ぶグッズの選び方【生活必需品編】

猫砂をはじめ、猫を暮らすならそろえておきたい必須のグッズ&便利なグッズたちをご紹介

執筆者プロフィール
『みんなのペットライフ』編集部スタッフが、わんちゃん・ねこちゃんの飼い方、しつけのアドバイスなど、毎日のペットライフに役立つ知識や情報をお届けします。

猫のブリーダーについて

魅力たっぷりの猫をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなの子猫ブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な子猫を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなの子猫ブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の猫を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなの子猫ブリーダーに移動します