そもそもドッグランはどんなところ?

ドッグランはその名の通り、犬がリードなしで走り回れる場所です。道の駅やサービスエリアといった公共施設、もしくは、ペットサロン、動物病院、大型スーパー、ホームセンターといった店舗や施設に併設されているパターンがあります。特に公共施設に併設されたドッグランは、事前の登録申請も必要なく、誰でも無料で利用できる場合も多いです。

ドッグランの敷地内では、愛犬をノーリードで自由に遊ばせることができます。
特に運動量が必要な大型犬や活発な犬は、普段のお散歩だけでは運動が足りていない場合も多いので、ドッグランは運動不足やストレスを解消する場としてうってつけです。家の中とは違い、広い場所でいきいきと走り回る愛犬の姿は、飼い主にとっても新鮮に映るものです。

また、外での経験が少ない若い犬にとっては、犬同士で挨拶をしたり追いかけっこをして遊んだりと、社会化のためにも重要な場となるでしょう。

ドッグランに行く前に必要な準備は?

気軽に立ち寄れるのが人気のドッグランですが、利用するためにはいくつか事前の準備が必要になります。いざというときに困らないよう、以下の項目をクリアしておきましょう。

ワクチン接種を済ませておく

混合ワクチンや狂犬病予防接種を必ず受けましょう(一部のドッグランでは、入場するのにワクチン接種の証明書が求められる場合もあります)。
また、怪我や病気もなく健康であることは、ドッグランを利用するための前提条件になりますので、毎年の定期健診も受けておきましょう。

ノミやダニの対策

不特定多数の犬が集まるドッグランでは、ノミやダニをうつされた、もしくはうつしてしまったということも起こりかねません。マナー違反とならないためにも、愛犬には予防薬を飲ませるなど、ノミダニの対策は怠らないようにしましょう。

基本的なしつけを済ませる

「オスワリ、マテ、ヨシ、ダメ、オイデ」など、基本的なしつけを済ませておくのは必須事項です。
ドッグラン内で制御不能にならないためにも、飼い主の指示をちゃんと聞けるようにしつけをしておきましょう。
日々の生活やお散歩の中で愛犬との信頼関係を構築しておくことも大切です。

他人や他の犬にも慣れさせておく

他人や他の犬が多く集まる場に慣れていない若い犬は、はじめてのドッグランで興奮してしまい、マナー違反を犯してしまう場合も多いものです。日々のお散歩などで徐々に外の世界に慣れさせてから、ドッグランデビューするのが賢明です。

行きたいドッグランについて調べておく

ドッグランごとに、独自のルールやマナー、必要な持ち物を定めているケースも多々あります。自分の愛犬は条件をクリアしているのか、事前に確認しておくと安心です。

ドッグランに必要な持ち物は?

次に、ドッグランを利用するときに必要な持ち物もチェックしておきましょう。

リード

駐車場からドッグランの敷地内まで犬を歩かせるときや、ドッグランに入場する際、また休憩のときに愛犬をつないでおくためにもリードが必要になります。
伸縮するタイプのリード(リール型のリード)や長すぎるリードは周囲の迷惑になる場合もあるため、長すぎないもので普段から使い慣れたものを用意しておくと安心です。

排泄物の処理をするビニール袋

愛犬がドッグランで排泄をしてしまったとき、放置するのは重大なマナー違反です。
いつでもすぐに片付けられるように、処理用のビニール袋を用意しましょう。

飲み水

運動をしたあとは、犬も喉が渇きます。水飲み場がないドッグランもあるので、念のため飲み水を持参するようにしましょう。
ペットボトルのキャップ部分に、そのまま犬が水を飲める飲み口を取り付けて持ち歩ける専用グッズも販売されています。

おもちゃ

ドッグランの中には、野球ボールサイズぐらいの小さなおもちゃであれば、持ち込みOKのところもあります。
お気に入りのおもちゃを持っていきましょう。

体や手足を拭くタオルやペットシート

ドッグランで走り回った犬をそのまま車に乗せると、シートや車内が砂や土で汚れてしまいます。
たくさん遊んだあとは、ペットシートや濡らしたタオルできれいにしてから車に乗せましょう。
また、突然の雨のときにもタオルが1枚あると便利です。

(必要に応じて)マナーベルト

特にオスで未去勢やマーキングのクセがある犬には、腰回りに巻くタイプのマナーベルトを用意しておきましょう。

ドッグランで最低限守るべきマナーは?

最後に、愛犬とドッグランを楽しむために最低限守りたいマナーも覚えておきましょう。

いきなりリードを離さない

ドッグランの場内に立ち入ってすぐにリードを離すことは、犬を興奮させてしまい他の犬とのトラブルに発展してしまう恐れがあります。犬をびっくりさせないよう、まずはリードにつないだまま場慣れさせ、落ち着いたら離すようにしましょう。

ドッグラン内では愛犬から目を離さない

ノーリードで遊ばせている最中も、愛犬がどこにいるか目を離さないようにしてください。「飼い主同士話に夢中になっていて、気が付いたら他人に迷惑をかけていた!」ということにならないように気を付けましょう。

勝手に他の犬に触らない、写真を撮らない

ドッグラン内には沢山の犬がいますが、いくらかわいいからといって勝手に他人の犬に触ったり、抱き上げたりするのはマナー違反です。人なつっこい犬の場合でも、まずは飼い主に触っても良いか尋ねてから、優しくなでる程度に留めておきましょう。
また、写真を撮ってSNSにアップしたい場合も、必ず飼い主の許可を取ってください。

他の犬が嫌がることをさせない

犬同士で遊ばせられるのもドッグランならではのポイントですが、体格差のある犬を執拗に追いかけまわしたり、相手の犬が嫌がることをしたりしてしまった場合には、すぐにやめさせるのも飼い主の務めです。

マウンティングをしたらすぐにやめさせる

マウンティングをしてしまうのは犬の習性で、完全にやめさせるのは困難なことですが、相手方の飼い主には嫌がられる場合が多いものです。マナー違反にならないためにも、愛犬が他の犬にマウンティングをしてしまったら、すぐに側によって声をかけるなどしてやめさせます。

小さな子どもを連れていかない

フレンドリーな印象がある犬ですが、急に大声や甲高い声を出して近づいてくる子どもが苦手なケースは意外と多いのです。
予期せぬトラブルを防ぐためにも、ドッグランに入れるのは子どもが大きくなってからが良いでしょう。

犬以外の動物を連れていかない

ドッグランは犬専用の場所です。ケージに入れているからといって、猫やウサギ、フェレットなどの犬以外の動物を連れていくのは絶対にやめましょう。

ヒート中の利用は避ける

ヒート中のメス犬は、オス犬を興奮させるフェロモンを発しています。これを感じ取ったオスは、飼い主でも制御不能になったり、ヒート中のメスにマウンティングしようと追い掛け回したりしてしまうのです。
オスにとってもメスにとっても大変なストレスになるため、ヒートが始まったらしばらくの間はドッグランの利用を控えましょう。

まとめ

マナーやルールといっても決して難しいことではなく。犬を飼っていればごく当たり前なことばかりです。初心者だから……といって必要以上に怖がる必要はありません。基本マナーをチェックしたあとは、ぜひ愛犬とドッグランに行って みてくださいね。
愛犬にとっても飼い主にとっても、気分を変えてリフレッシュできる楽しい時間になることでしょう。

執筆者プロフィール
『みんなのペットライフ』編集部スタッフが、わんちゃん・ねこちゃんの飼い方、しつけのアドバイスなど、毎日のペットライフに役立つ知識や情報をお届けします。

犬のブリーダーについて

魅力たっぷりの犬をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な子犬を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのブリーダーに移動します