犬の鳴き声①「ワンワン」

高いトーンで大きく短い「ワン」は嬉しい声

飼い主が帰宅したときやお散歩中に友達の犬に出会ったとき、「ワン」と大きく鳴くのは嬉しさの表現です。笑顔のように口元を緩ませる表情も見られます。

リズムよく連続で「ワンワン」は楽しい声

お散歩や遊びの最中などで、弾むように吠えるのは嬉しい気持ちときです。嬉しそうに目を輝かせ、機嫌よく左右にしっぽを振ります。

低いトーンで短く「ワン」はやめてほしい声

人、犬などに向けて、「やめて!」と制止の意味で吠える声です。耳を上にピンと立て、体全体を緊張させることもあります。

数回連続して「ワンワンワン」は警戒している声

来客を知らせるチャイムが鳴ったときなどに見られる、野太く連続して吠える声です。犬が危険を察知し、ピンと耳を立てて周囲を警戒している様子が見られます。

低く連続して「ワンワンワンワン」は警告している声

まくしたてるような低い鳴き声は、対象物に対する警告です。「やめて! でなきゃ攻撃するぞ!」といった気持ちが表れています。
「ウーッ」といった低い唸り声が混ざるときは、臨戦態勢に入っている状態です。

鋭く連続して「ワンワンワンワン」は要求している声

飼い主や対象物に向かって鋭く短く吠えるのは、強い要求の気持ちの表れです。要求を通そうと、執拗に吠え立てます。飼い主は毅然とした態度で忍耐強くしつけする必要があるでしょう。

犬の鳴き声②「キャンキャン」

ごはんやお散歩待ちのときの、高い「キャンキャン」はおねだりの声

要求吠えで甲高い声を出すこともあります。「早くちょうだい」、「〇〇してよ~」といった犬のおねだりの気持ちが表れています。
かわいいおねだりにはつい構いたくなるものですが、鳴き声に飼い主が応じてしまうと、犬は「吠えると自分の要求が通る」と学習してしまいます。結果、要求吠えがエスカレートし、「キャンキャン」「ワォーン」といった大きな鳴き声に変わることもあるので注意しましょう。

甲高い1回「キャン」は痛いときの声

急に足を踏まれたときや体をひねったとき、思わず「イテッ」と漏れてしまう声です。
急に甲高い声で鳴くと驚く飼い主も多いですが、そのあと足を引きずったり継続的に鳴き続けたりすることがなければ、特に心配ない場合が多いです。

悲痛な「キャイーン」「キャンキャン」はひどい痛みのSOS

ケガや病気でひどい痛みを訴えているなど、必死で助けを求めているサインです。甲高い声で「キャンキャン」と繰り返し鳴くようであれば、急いで動物病院へ連れて行ってあげてください。

犬の鳴き声③「クーン」

弱々しい「クーン」は不安や恐怖の声

鼻にかかったような鳴き声は、苦手なものや初めてのものに対して不安を訴える声です。怯えたようにしっぽを足の間に巻き、耳を垂らして元気がない様子も見られます。
痛みを感じて「クーンクーン」と鳴く場合もあるため、犬に異変がないか気を付けて見てください。

高く「クーン」と伸ばすのは服従している声

飼い主や上位の者に対して高い鼻声を伸ばすのは、「あなたに服従しています」の気持ちです。同時におなかを天井に向ける服従のポーズが見られることもあります。

低めの「クーン」は興奮している声

楽しく遊んでいるときや飼い主のお出迎えなど、興奮が強いときの声です。
「もっと遊んで!」、「早くちょうだい!」といった甘えや要求の気持ちが混じるときも「クーン」と低く鳴くことがあるので、状況によって判断しましょう。

犬の鳴き声④「クンクン」

甲高い鼻にかかったような「クンクン」は甘えやおねだりの声

犬が「飼い主に注目して欲しい、自分に注意を向けさせたい」ときの鳴き声です。
食べ物や欲しいものを目の前にして「クンクン」と鳴くときは、「これちょうだい」の要求です。

弱々しく連続して「クンクン」は不安やストレスがある声

飼い主がお留守番の準備をしているときや目の前から居なくなったとき、高い声で「クンクン」と鳴くのは、「嫌だ、行っちゃだめ!」といった気持ちです。ウロウロと落ち着きなく動き回りながら悲しそうな鳴き声を上げます。
要求を通そうとするわがままの気持ちが入ることもあります。

犬の鳴き声⑤「ウーッ」

臨戦態勢をとりながら「ウーッ」と唸るのは威嚇や攻撃の声

威嚇のときには鳴き声以外のしぐさとして、耳を立てて前方に倒し、眉間にしわを寄せて歯を剥く、しっぽを高く上げて前のめりの体勢になるなどの行動が見られます。うっかり手を出そうものなら、噛みつかれてしまう危険もあります。

嫌なことをされて「ウーッ」と唸るのは警告の声

犬が身の危険を感じたり、嫌なことをされたりしたときに警告の意味で唸ることもあります。歯磨きなどのお手入れをされることを嫌がって、「やめなきゃ噛むぞ!」と唸る場合も。

遊びながら「ウーッ」と唸るのは夢中になっている声

犬は楽しく遊んでいるときにも低く唸ることがあります。
飼い主との遊びに夢中になって唸るときは、ピョンピョン飛び跳ねたり、上半身を低くして伏せのような動きをしたりします。

なにか咥えながら「ウーッ」と唸るのは所有欲のサイン

おもちゃなどの引っ張り合いをしているとき、「これは自分のものだ!」と所有欲を表して唸ることがあります。
おもちゃに執着するあまり、飼い主に歯を当ててしまうことも。このような反応を頻繁に示す場合には、しつけの見直しが必要になるでしょう。

犬の鳴き声に対するしつけ・対策法

犬は鳴き声の使い分けによりさまざまな気持ちを表していますが、一方で行き過ぎると無駄吠えになってしまいます。
近所迷惑にならないためにも、犬が吠える理由に応じて適切なしつけを行いましょう。

ごはんやおやつ、お散歩前の要求吠えには、愛犬を我慢させるしつけが有効です。犬が要求吠えしても一切応じずに、無視を貫きましょう。
飼い主も根気が必要になりますが、自分の要求が通らないことが分かると、犬も吠えるのをやめるようになります。

甘え鳴き、警戒吠えなどに対しても、「吠えたらすぐ構う」という飼い主の行動はNGです。犬は学習する動物のため、いいことも悪いことも覚えてしまいます。「吠えたら飼い主が何かをしてくれる」と犬に思い込ませないことが大切です。

また、来客時やサイレンなど、警戒心からくる無駄吠えには、天罰式でのしつけが効果的です。
犬がなにかに反応して吠えたら、近くで大きな物音を立てる、犬の側に物を落とすなどして、「吠えると嫌なことが起きる」ことを学習させます。
飼い主が天罰に関わっていると犬に知られないよう、さりげなくやるのがポイントです。

また、犬が吠えるのを思いとどまっているときや吠えるのを止めたときには、思い切り褒めてご褒美をあげましょう。

ほかにも、犬が吠えそうなときにテレビやラジオを付けて別の音で気をそらす、無駄吠えの原因となるチャイムの音を変えるなどの対策があります。

とは言え、基本的に犬は吠える動物。犬の鳴き声を完全に無くすことは難しいです。
近隣への音漏れが気になる場合は、室内に設置できる防音グッズを活用しましょう。
防音カーテンや防音ボード、床に敷く防音マットなど、犬の鳴き声による音漏れをシャットアウトできる便利なグッズが販売されています。

まとめ

今回は犬の鳴き声による感情表現について解説しました。
なぜ吠えているのか理由が分かれば、無駄吠えにならないよう正しいしつけや対策を行うことができます。愛犬の気持ちをより深く理解し、人間と犬、両方が幸せに過ごせる関係を目指しましょう。

執筆者プロフィール
『みんなのペットライフ』編集部スタッフが、わんちゃん・ねこちゃんの飼い方、しつけのアドバイスなど、毎日のペットライフに役立つ知識や情報をお届けします。

犬のブリーダーについて

魅力たっぷりの犬をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な子犬を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのブリーダーに移動します