目の前に置かれた貯金箱をタッチする雄山くん。
するとそこから…

貯金箱「にゃー(・ω・)∩」
雄山くん「にゃ…(´゚ω゚`)」

驚きのあまり、手がでません♡

とりあえず、もう一度…

貯金箱「にゃー(・ω・)∩」
雄山くん「…ぅうぇ~Σ(゜ω゜)」

また何もできず…。

気を取り直して、さぁもう一回!



貯金箱「にゃー(・ω・)∩」

バシっ!

雄山くん「…イテっ!」

お得意のねこパンチ…は不発…。

雄山くん「…」

雄山くん、なかなかうまくチャンスがつかめません。
鋭いねこパンチを浴びせられるまでには、まだまだ時間がかかりそうですね…(;´ω`)