またの名を「青舌犬」? チャウチャウの基礎知識

モコモコの毛と、不満があるような表情がかわいいチャウチャウは、中国原産の犬種です。

体高はオス48~60cm、体重は25~27kgの大型犬です。毛が豊富なのでずんぐりむっくりしたイメージがありますが、骨格がしっかりして体は筋肉質。小さな立ち耳と小さな目、ゆるく巻いたしっぽはなんとなく日本犬を思い起こさせますね。人間でいうかかとの部分がまっすぐなため、歩幅がせまく「竹馬に乗っているような」といわれる独特の歩き方をします。

毛並みは長毛で立体感のあるラフコートと、滑らかな短毛のスムースコートの2種類です。数が多いのはラフコートで、いずれにしても毛量はかなり多くモコモコした印象です。

チャウチャウの最大の特徴は、なんといっても青い舌。子犬のころはふつうのピンクですが、成長に従って青くなります。青い理由はわかっていませんが、祖先が同じ犬とされているシャーペイの舌も青いため、祖先の犬が青かったと考えられています。

食べられていた!? チャウチャウの歴史

チャウチャウの起源ははっきりしていませんが、最近の研究で中国北部で誕生したことがわかってきました。少なくとも2000年以上の歴史があり、チャウチャウらしき犬がデザインされた漢王朝時代の陶磁器が発見されています。

番犬や猟犬として飼育されていたほか、チャウチャウはそりを引く犬としても重宝されていました。中国語でそりを「雪橇(シーチャオ)」というため、そこから犬種名がついたという説があります。
犬種名には諸説あり、1700年代終わりごろ、東インド会社がこの犬を運ぶ際、積み荷の明細に「チャウチャウ」と書いたから、ともいわれています。ちなみに、このときのチャウチャウとは、「東洋の珍しい品」を表しているそうです。

さまざまな用途があったチャウチャウですが、最も利用されたのは「食用」としてでした。英語では「Chinese Edible Dog(中国の食用犬)」と呼ばれることもあります。肉は食用、毛皮は防寒着に、骨は漢方薬に使われたそうです。太りやすくするために脚をまっすぐに改良した結果、現在のような独特の歩き方をするようになりました。
また、チャウチャウといえば茶色のもこもこの犬のいめーじがありますが、それは「犬は赤・黒・花(模様)・白の順においしい」という言い伝えがあるため、赤(茶色)のチャウチャウが多く繁殖されたことによります。食文化の違いとはいえ、かわいそうな気がしてしまいますね。

冷静沈着な孤高の存在! チャウチャウの性格

チャウチャウは家庭犬としての歴史がまだ短いので、改良されつつありますが、初心者向きの犬ではありません。
いつでも冷静沈着で警戒心が強く、見知らぬ人にはもちろん家族に対してもよそよそしい態度を取ることがあります。ベタベタされるのも好まず、成犬になればはしゃいで遊び回るようなことも少ないでしょう。

知的で貫録があるため、ときに横柄に見えるかもしれませんが、しかし主人と決めた人にはとことん従う忠実さがあります。頑固なところがあるのでしつけは時間がかかることを覚悟してください。賢く物覚えはいいので、チャウチャウの気が向かないときは無理に教えず、根気よく取り組みましょう。

不愛想で面倒くさがり、そのうえ態度まで大きいチャウチャウ。しかし、心の奥底には家族を思う愛情があるようです。ふだんはそっけないのに、たまに甘えてくれるととてもかわいく思えますよね。
また、チャウチャウの性格は血統に左右されるところが大きいです。飼うときは信頼できるブリーダーを見つけ、両親犬や祖父母犬などの性格も見てみることが重要です。

チャウチャウを飼うときに気をつけること

チャウチャウは毛量が多いため、暑さが苦手です。スムースコートなら週に1~2回で大丈夫ですが、ラフコートの場合は2日に1回はブラッシングして、余分な毛を取り除きましょう。皮膚病にかかりやすいため、湿度が高くならないように調整し、ブラッシングの際は皮膚の健康状態もしっかりチェックしてください。

激しい運動は必要ありませんが、毎日の散歩は必要です。チャウチャウのペースでゆったり歩いてください。関節が弱いため、歩く姿に異変があった場合は早めに動物病院を受診しましょう。
また垂れ下がったまぶたのため眼病にもかかりやすいといわれています。頻繁に目を擦ったり、目やになどが見られた場合も、なるべく早く獣医師に相談してください。

チャウチャウは繊細な面があるので、にぎやかなところは苦手です。子どものいる家族や来客の多い家庭などはあまり適していません。飼うときは、チャウチャウが単独でゆったりできるスペースを確保してください。

まとめ

小熊のようなかわいらしい外見に反し、不愛想で頑固で、家族にさえよそよそしいチャウチャウ。一緒にスポーツをしたい人や、犬といつでも一緒に過ごしたい人には向きませんが、一緒に暮らすと「もう犬はチャウチャウしか飼いたくない!」というほど惚れ込む人も多いそうですよ。

飼うときは毛並みの手入れと気温・湿度の管理が必須ですが、そんな手間を手間と感じさせないほどの魅力があるのがチャウチャウです。

皮がだるだるの愛すべきブサカワ犬! 個性が魅力のシャーペイってどんな犬?

チャウチャウと先祖が同じ? 一度見たら忘れられない、だるだるの皮が特徴的な犬種・シャーペイについて

チャウチャウのブリーダーについて

魅力たっぷりのチャウチャウをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なチャウチャウを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。チャウチャウが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのチャウチャウブリーダーに移動します