アフガンハウンドの歴史

アフガンハウンドは、名前の通りアフガニスタンが原産の犬種。
現存する最古の犬種と言われていて、紀元前4000年ころのアフガニスタンの壁画に、アフガンハウンドらしき犬の姿が描かれています。エジプトやアフガニスタンの王家では、猟犬として大切に飼育されていたようです。

その後、山岳地帯でヒョウやオオカミ、シカなどを狩る猟犬や、家畜を守る番犬として遊牧民に飼育されるようになりました。

長い間遊牧民の間で純血種を保って飼育されていたアフガンハウンドですが、18世紀にイギリスへ持ち込まれ、他犬種との交配が始まりました。
20世紀の始めころにドッグショーに出展されると、その優美な姿が高く評価され、貴族の間で爆発的に人気を博します。

現在でも、アフガンハウンドの先祖犬はアフガニスタンの山岳地帯に生息していますが、個体の減少が著しく絶滅が心配されています。

アフガンハウンドの特徴

体重:23~27kg
体高:64~74cm
サイズ:大型犬
平均寿命:12~14歳


背中の一部と顔を除き、柔らかい直毛に被われています。大型犬には珍しく、被毛は引きずるほど長く伸び、その姿は優美そのもの。毛色はバリエーションに富み、ブラック、ブラックにシルバーやタンが入ったもの、ブルー、クリーム、ブリンドル、レッドなどさまざまなカラーが認められています。

視覚で狩りをする「サイトハウンド」に属するため、目がとてもよく視野角は270°だと言われています。1km先で動いた獲物もはっきり見えるそうです。

アフガンハウンドは、「猫のような性格」といわれるほどマイペースな犬です。頑固で独立心が強く、何でも自分で判断して行動します。そのため、過去にはアフガンハウンドは「犬のなかで一番頭が悪い」と、勘違いされていたことこともありました。

優しく温和な性格ですが、感情をあまり表に出さず、基本的に何に対してもそっけない態度。飼い主にも簡単には服従しませんが、臆病で人見知りの面もあります。
ベタベタ甘えることはありませんが、実はさみしがり屋でもあるので、室内飼いをおすすめします。

アフガンハウンドを飼うときのポイント

細く長い被毛は絡まりやすいですが、意外にも、成犬になって毛が生えそろえば毎日ブラッシングする必要はありません。

美しい毛並みを保つためには、2週間~1カ月に1度はシャンプーするといいでしょう。乾燥した土地で生まれた犬種ですので、洗った後のドライヤーは徹底してください。濡れたまま長時間放っておくと、皮膚病の原因になります。

かなりの運動量が必要で、朝晩1~2時間の散歩は必須。加えて、全力疾走するような激しい運動が30分程度できればベストです。日常的にドッグランに連れて行きましょう。自転車などでの引き運動も有効です。

アフガンハウンドは自分のペースを崩されるのを嫌うため、しつけには時間がかかるでしょう。飼い主の言うことでも簡単には聞き入れませんが、感受性が豊かな犬なので叱りすぎは厳禁です。
短時間の訓練を根気よく繰り返してください。ドッグトレーナーに相談するのも手段ですよ。

アフガンハウンドがかかりやすい病気

古くからいる犬のため、アフガンハウンドは丈夫な犬種です。あまり注意すべき病気はありませんが、若年性の白内障は起こりやすいこと言われています。
早ければ2歳くらいで症状が現れることもあるので、まだ若いからと油断せず日ごろからよく目の状態を確認しましょう。

大型犬に多い胃ねん転や腸ねん転が起こりやすいので、食事の後はゆっくり休ませてください。

垂れ耳のため、外耳炎を含む耳の病気にも注意が必要です。においや汚れなど耳のチェックを欠かさず、1~2週間に1回程度は耳掃除をしてあげてくださいね。

麻酔に反応しやすい犬種なので、手術などで麻酔を使用する場合は獣医とよく相談しましょう。

まとめ

アフガンハウンドの優美な姿は、多くの人を魅了します。しかし、その独立心が強い性格と必要な運動量の多さから、決して飼いやすい犬ではありません。
アフガンハウンドを飼うときは、しつけや運動、手入れに時間や費用がかけられるか、必ずよく考えてから飼いましょう。