ある偶然がアメリカンボブテイルを生んだ

1960年代のアメリカ、愛猫家のサンダース夫妻は休暇でアリゾナ州を訪れていました。先住民の居住区を訪れた夫妻は、尻尾が丸く、斑点縞模様の猫を見つけます。

夫妻は猫に「ヨディ」と名付け、アイオワ州の自宅へ連れ帰りました。夫婦が飼っていたシャム猫とヨディを交配させてみると、生まれた子猫のしっぽはほとんどがまんまる。
その後、子猫を引き取った夫妻の友人たちによって、丸いしっぽの猫は繁殖が開始されました。

「アメリカンボブテイル」は1989年にTICA(国際猫協会)から公認を受けました。交配したメインクーンの特徴をよく受け継いでいるため、「短尾のメインクーン」と呼ばれることもあります。

日本にいるボブテイルは劣勢遺伝といわれますが、アメリカンボブテイルの場合は優性遺伝となっています。

ギャップ萌え! ワイルドなのに甘えん坊なアメリカンボブテイル

がっしりした体や鋭い目つきなど、ワイルドさが魅力のアメリカンボブテイルは、実は甘えん坊の遊び好き。温和で社交的な性格で、初めて猫を飼う人やファミリーにもおすすめの猫種です。
子どもにかまわれても動じることなく、犬などの他のペットとも仲よくできる大らかな性格です。

体重は3.5~6.5kg、体型は筋肉質で大きいロング&サブスタンシャルタイプに分けられます。平均寿命は14~18歳といわれており、一般的な猫の平均寿命よりもやや長め。改良の結果、遺伝的疾患の少ない猫種になりました。

毛色やパターン、目の色については、すべてが認められています。見分けに迷ったら、しっぽと顔の形に注目しましょう。しっぽが短く、顔が横長の楕円形なのがアメリカンボブテイルの特徴です。
ダブルコートの被毛はロングからセミロングまであり、さわり心地は硬めです。

比較的おとなしくて誰とでも仲よくでき、愛嬌あふれる猫種です。遊ぶことが大好きなので、猫とのスキンシップを大切にしたい人にぴったりです。

意外にさみしがり屋! アメリカンボブテイルを飼うコツ

アメリカンボブテイルは、中・長毛の猫種ですが、お手入れはそれほど手間ではありません。
毛玉になりにくい毛質なので、週に2回程度の簡単なブラッシングやコーミング、濡れタオルでマッサージを行う程度で十分です。

遊び好きなアメリカンボブテイルは、あまり放っておかれるとストレスを感じてしまいます。毎日おもちゃで遊ぶなどコミュニケーションをとるとともに、部屋の家具を少なめにして走りやすくする、キャットタワーを設置するなど、ひとりでも遊べる環境を作りましょう。

食欲が旺盛でやや太りやすい体質なため、餌のあげ方や量には気を付けたい猫種です。完全に成長するまでには3年ほどかかりますが、3歳以降は特にカロリーコントロールをしっかりおこないましょう。
丈夫ですが、しっぽが短すぎる猫は腸の病気や膀胱炎にかかりやすいようです。
また、大型の猫の特徴として、股関節の病気にも注意しておくといいでしょう。

まとめ

アメリカンボブテイルは、外見も性格もキュートで飼いやすい猫ですが、日本ではまだ浸透していない猫種。ブリーダーが少ないため、見つけるのは難しいかもしれません。

とても魅力的な猫種なので、日本でも手に入りやすくなるといいですね!

アメリカンボブテイルのブリーダーについて

魅力たっぷりのアメリカンボブテイルをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなの子猫ブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なアメリカンボブテイルを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなの子猫ブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の猫を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。アメリカンボブテイルが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのアメリカンボブテイル子猫ブリーダーに移動します