誕生して間もないアメリカンカールってどんな猫?

アメリカンカールといえば、なんといってもカールした耳。ほかにカールした耳の猫にスコティッシュフォールドがいますが、あちらが前に曲がっているのに対し、アメリカンカールは後ろに反り返っています。
体型は筋肉質でやや足の短いセミフォーリンタイプ、体重は3~5kgと猫として平均です。

突然変異で耳がカールした野良猫がルーツのため、バラエティ豊富なところもアメリカンカールの特徴。長毛種も短毛種も存在し、毛色も目の色もすべてが認められています。毛並みはとてもなめらかでしっぽはふさふさ。触り心地に惹かれる人も多いそうです。

アメリカンカールだからといって、必ずしも耳がカールするとは限りません。両親ともアメリカンカールの場合は50%以上がカールしますが、耳がストレートのアメリカンカールも数多く存在しています。さらに、生まれたばかりのアメリカンカールの子猫は耳がまっすぐ。生後3日くらいで軟骨が反ってカールが始まり、生後7日にはカールかストレートか判別できます。
生後16日程度で一度カールは完成しますが、年を重ねるにつれてカールの巻き具合は緩くなることが多いそうです。

元野良猫で遺伝子に多様性があること、カールした耳は突然変異で奇形ではないことで、アメリカンカールは純血種のなかでも丈夫な猫種です。

特徴的な耳のアメリカンカールはこうして誕生した

アメリカンカールは、1981年6月にアメリカで基礎となる猫が発見されました。カリフォルニア州に住むルーガ夫妻は、自宅の玄関前で耳が反り返った長毛の猫を見つけます。ルーガ夫妻はその猫に「シュラミス(Shulamith:ヘブライ語で平和)」と名づけ、家庭に迎えることにしました。

半年後、シュラミスは子猫を出産し、4頭のうち2頭の耳がカールしました。これによってカールした耳が遺伝することがわかり、新しい猫種として育種を始める計画が立てられます。同時期に行われた研究で、カールした耳は突然変異で起きたもので、優性遺伝することがわかりました。

初めは長毛種だけでしたが、シュラミスの子猫を譲り受けたブリーダーが短毛種であるアメリカンカール・ショートヘアを誕生させます。これによって、アメリカンカールはひとつの猫種でロングとショートのどちらも認められた、最初の例となりました。

アメリカンカールの性格と飼い方、ポイント

アメリカンカールは明るく愛嬌のある性格です。社交的で人見知りせず、見知らぬ人や猫にも警戒心なく近寄っていくような好奇心があります。ただし、猫同士で仲よくするより人間の愛や注目を独占したいタイプなので、多頭飼いは慎重に検討してください。

アメリカンカールは遊び好きですが、それでいて活発すぎず、家のなかでめまぐるしく動いてやんちゃするタイプでもありません。よほど甘やかさなければ、毎日いたずらに悩まされるようなこともないでしょう。甘えん坊ですが留守番できないほどのさみしがり屋ではなく、非常に飼いやすいです。

注意する疾患はほぼありませんが、成猫になってから比較的太りやすい猫種なので、運動と食事管理はしっかりと。毎日遊んで体を動かさせ、かわいくおねだりされてもカロリーオーバーならおやつは厳禁ですよ。
アメリカンカールの毛並みは絡まったり毛玉になったりしませんが、毛量が多いので毎日のブラッシングが必須です。ロングの場合は毛球症を防ぐためにも朝晩2回ブラッシングするといいでしょう。

特徴的な耳は外耳炎を予防するため、定期的な耳掃除を行ってください。ほかの猫種より耳は厚めですが、あまり強く触るのはいけませんよ。

まとめ

くるんと反った耳がかわいいアメリカンカール。公認されてから20年足らずの新しい猫種ですが、既に世界中で人気が高まっています。触り心地がよくて賢く、丈夫でやんちゃすぎない、しかも愛嬌まであるなんて……。
一度アメリカンカールと触れ合えば、きっととりこになってしまいますよ!

一人暮らしでも猫が飼いたい人におすすめ! スコティッシュフォールドの飼い方

アメリカンカールとは反対に、耳が前に倒れているスコティッシュフォールド。丸い頭が強調されてかわいいですが、飼うときは気をつけることやポイントがあるんです

アメリカンカールのブリーダーについて

魅力たっぷりのアメリカンカールをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなの子猫ブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なアメリカンカールを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなの子猫ブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の猫を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。アメリカンカールが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのアメリカンカール子猫ブリーダーに移動します