マタギ猟犬や闘犬として活躍してきた秋田犬の歴史

日本の国犬に指定されている秋田犬は、国の天然記念物としても指定されています。紀州犬甲斐犬など中型犬が多い日本犬のなかで、唯一の大型犬が秋田犬です

古くから日本で暮らしている秋田犬ですが、洗練された犬種として確立したのは最近のこと。昭和6年に天然記念物に指定されるまでは、「大館犬」と呼ばれていました。

大館犬は、秋田県大館地方でクマやイノシシなどを追う猟犬として飼育されていました。江戸時代になると、大館の藩主・佐竹侯が闘犬を奨励したため、秋田犬は闘犬としても利用されます。

どうしても土佐犬に勝てない大館犬は改良が進められ、グレートデン」や「マスティフ」と交配された歴史もあるそうです。本来日本犬は中型ですが、今の大型犬の秋田犬が確立されたのは闘犬としての改良の結果です。

世界で有名になったのは「忠犬ハチ公」のおかげ

秋田犬を世界で有名にしたのは、『忠犬ハチ公』の物語。飼い主の上野栄三郎の亡きあと、9年間も渋谷駅に通い詰めた秋田犬「ハチ」の物語は、近年になっても映画化されるなど世界中で愛されています。
ハチが亡くなったのは昭和10年でしたが、欧米でも広く忠犬のエピソードが紹介されたそうです。

昭和12年に来日したヘレン・ケラーが、秋田犬をアメリカに連れ帰ったことで、さらに秋田犬は知名度を上げました。ヘレン・ケラーは忠犬ハチ公の物語に感銘を受け、ぜひ秋田犬を飼いたいと考えていたそうです。ちなみに、アメリカに秋田犬が渡ったのはこのときが初めてでした。

「Akita Dog」「Japanese Great Dog」などと呼ばれ、海外でも人気の犬種となっています。

トップに従う忠実な犬種 秋田犬の性格や特徴

秋田犬は大型犬に属し、体高64~71cm、体重39~59kgにもなります。
がっしりとした骨格と、肉付きのいい体格はまさに「日本犬」という存在感。もともと寒い地域に生息していた犬種のため、被毛は短い毛と長い毛の二重構造になっていて、野外でも冬の厳しい気候に耐えられます。

飼い主に忠実で賢く、主従関係が築ければしつけに時間はかかりません。秋田犬は家族に深い愛情をそそぎ、守ろうとする意識の強い犬種です。
ただし、家族以外の人や、家族でも自分より順位が下だと思った人に従うことはありません。場合によっては威圧的行動に出ることもあるので、注意が必要。子どものいる家庭では特に気を付けてください。
重要なのは、子犬のころから秋田犬に毅然とした態度で接し、上下関係をしっかり認識させることです。

警戒心が強く、誰にでもなつく犬種ではありませんが、子犬の時期からきちんと訓練すれば心強い伴侶犬となります。

大型犬特有の病気に注意! 秋田犬の飼い方のポイント

秋田犬は基本的に丈夫な犬種です。
しかし、大型犬ならではですが、秋田犬は骨や関節が弱いと言われています。歩き方に異常があったり、運動したがらなくなったりした場合は骨や関節の病気を疑ってください。

目が小さめなためか、秋田犬は眼の病気にもかかりやすく、特に「ブドウ膜皮膚症候群」は注意してください。
ブドウ膜皮膚症候群は遺伝的要因で発症し、ほうっておくと失明してしまう恐ろしい病気です。初期症状は涙が止まらなくなることなので、そのような症状があれば一刻も早く動物病院を受診しましょう。

また、活発な大型犬のため、秋田犬はたっぷり運動させてください。散歩は毎日2回、1回1時間程度が目安。運動不足になると肥満の恐れがあるほか、ストレスで問題行動を起こすこともあります。
暑さには弱いので、夏の暑い時期の散歩は注意してくださいね。

まとめ

美しい姿と飼い主に忠実な性格で、世界中で人気の秋田犬。
体の大きさや警戒心の強さなど、誰にでもおすすめできる犬種ではありませんが、飼い主がリーダーシップを発揮して良好な関係を築けば、ほかに類を見ないほどのパートナーになってくれるでしょう。