1. 飼い主に従順~素晴らしいパートナーに

秋田犬の性格で一番に挙げられる特徴は、飼い主への忠誠心が厚く、従順なところ。子犬の頃からきちんとしつけをすれば、素晴らしいパートナーとして一生を捧げてくれます。

秋田犬の祖先は「マタギ犬」と呼ばれ、狩猟犬として飼われていました。そのため、飼い主の言うことをよく聞き、命令には絶対的に従う性質を持っています。映画「忠犬ハチ公」でけなげに飼い主を待つ姿は、まさに秋田犬の性格を映したもの。しかしそれは、徹底した主従関係を築けているからこそなのです。

元々闘犬として繁殖された歴史のある秋田犬は、闘争心が強く狂暴な一面をのぞかせることもあります。飼い主がリーダーであると認識させないと、飼い主に対しても牙をむく可能性も。

しかし、信頼関係をしっかり築ければ、利口で甘えん坊な顔を見せ、家族に愛情深く接してくれます。その魅力は、一度秋田犬を飼うと他の犬は飼えなくなるという人もいるほどです。

2. 警戒心が強い~他人には攻撃的になることも

狩猟犬や闘犬として活躍してきた秋田犬は、警戒心の強さも持ち合わせています。飼い主には優しい顔を見せる反面、心を許していない相手には攻撃的になることも。また普段は穏やかでも、子供や他の犬などに驚かされるとびっくりして噛みついてしまうこともあります。

実は国内における咬傷事故を犬種別に見ると、秋田犬の発生率が最も高いというデータが出ているのです。秋田犬は咬む力も強く、大きな事故に繋がりがち。そのため「秋田犬は狂暴」という情報だけが飛び交っていますが、利口な秋田犬は理由もなく咬みついたりはしません。

このような悲しい事故が起きてしまうのは、秋田犬本来の性質を知らずに軽い気持ちで飼う人が増え、適切なしつけがなされないためです。また、日本の飼育環境で秋田犬に必要な運動量を満たすことは難しく、ストレスが溜まりやすいことも挙げられます。秋田犬の飼育には、相応の環境としつけのスキルが必要といえるでしょう。トレーナーの力を借りる人も少なくありません。

警戒心の強さは、番犬としては最適な資質といえます。不審者に素早く反応し、吠える声も大きい秋田犬は、かなり頼りになるでしょう。日本のみならず海外でも人気が高いのは、番犬としての役割も大きいようです。

3.頭が良い~しっかりとしつけよう

非常に頭が良く、物覚えも早い秋田犬。子犬の頃から徹底したしつけを行えば、従順な犬に育ちます。

逆に、子犬の頃にかわいいからといって甘やかしてしまうと、成犬になってから手におえなくなってしまいます。頑固な面もある秋田犬は、一度間違って覚えさせてしまうと後から修正するのが大変です。ダメなものはダメと、一貫してしつけるようにしましょう。

特に「無駄吠え」や「噛み癖」のしつけは重要です。秋田犬は声が大きいので、無駄吠えが多いと近隣との騒音トラブルになりかねません。噛み癖に関しては、たとえ甘噛みでもさせないようにしないと、成犬になったときに思わぬ事故に発展する恐れがあります。

また、子犬の頃から他人や他の犬に触れ合わせ、社会性を育むと良いでしょう。「人間や他の動物は安全」ということを理解すれば、攻撃的な性格になる可能性は低いといえます。

まとめ

秋田犬はだれでも飼えるような犬種ではなく、飼い主の資質が問われます。個体差はありますが、狩猟犬や闘犬として活躍していた性質は、少なからず残っているといえるでしょう。しかし、大きな身体と気性の荒さをコントロールできるようになれば、最高の相棒になってくれるはずです。