なぜ猫は毛づくろいをするの?

猫は毎日毛づくろいをしますが、状況によってその意味は変わります。毛づくろいは毛並みを保つ以外にも、大きな役割を持っているのです。

猫は日常生活でついてしまった小さなゴミやフケなどを、自分で取り除いて綺麗にしています。体を清潔に保つことで、皮膚病やノミなどの寄生を予防しているのです。

また、毛づくろいには体についた臭いを消す効果も。これは狩りをしていたころの習性で、臭いで獲物に気付かれて逃げられないようにするためといわれています。おもちゃで遊んだり追いかけっこをしたりする前に毛づくろいしているのは、こういった理由なんですね。

猫の気持ちを落ち着ける効果がある

猫を叱ったときや猫がびっくりしたとき、急に毛づくろいを始めるのを見たことがありまsねんか?
これは転位行動といい、予想外のことが起こったときや緊張しているときに、気持ちを落ち着かせる効果があります。

転位行動は緊張状態を緩和するので、人見知りの猫が初対面の人と会ったときなどにも見られます。

体温調節で毛づくろいをしているときも

人間は汗をかいて体温調節をしますが、猫には汗を出す汗腺がほとんどありません。そのため、毛づくろいをするときの気化熱を利用し体温調節をしています。

気化熱を使う毛づくろいは主に夏場と冬場に多く見られます。この時期は毛を飲み込みすぎないよう、ブラッシングの回数も増やしてあげるといいでしょう。

猫同士で毛づくろいするのは親愛の証

猫が自分でする毛づくろいをセルフグルーミングというのに対し、2匹以上の猫がお互いを舐め合う行動をアログルーミングといいます。
アログルーミングは仲のいい猫同士や兄弟、親子などが行うの親愛の証。多頭飼いしていても仲があまりよくない猫同士には見ることができないため、猫同士の関係性がわかる行動でもあります。

猫が飼い主を舐めるのは毛づくろいのため?

アログルーミングは基本的に猫同士でやることが多いですが、飼い主に対してする猫もいます。猫に手や腕などを舐められたり、髪を毛づくろいされたことはありませんか? これは飼い主への愛情表現であり、コミュニケーションをとろうとしていると考えられます。

猫の舌はザラザラしていて少し痛いかもしれませんが、コミュニケーションの一環だと思って受け入れてあげましょう。

また、人が猫に対してブラッシングしたり背中を手でかいてあげるのを、猫は毛づくろいしてくれていると思うことがあります。猫にアログルーミングされたときは、お返しでブラッシングしてあげるとより親密になれますよ。

まとめ

猫は起きている時間の半分近くを毛づくろいに費やするといわれています。何気なくやっているように見える毛づくろいにも、さまざまな理由があるのです。猫が生きていくうえで欠かすことのできない行動なので、邪魔せず見守ってあげましょうね。

猫のブリーダーについて

魅力たっぷりの猫をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなの子猫ブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な子猫を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなの子猫ブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の猫を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなの子猫ブリーダーに移動します