柴犬よりも小さい豆柴。特徴はこんなところ

体高:オス34cm以下、メス32cm以下
体重:4~6kg
原産国:日本
カラー:赤・黒・胡麻など

スタンダードな柴犬よりも小さいものが、「豆柴」と呼ばれています。コロコロとした、愛らしい見た目が特徴です。立ち耳、巻き尾、短毛で、日本犬独特の凛々しい顔つきをしています。

近年では、海外でも人気が高まっています。洋犬にはない従順な性格や、住宅事情に合った飼いやすいサイズが、海外での人気の理由です。

知りたい豆柴の歴史。実は犬種じゃない?!

豆柴は、昭和30年ころに誕生したと言われていますが、はっきりした由来についてはわかっていないのが現状です。

また、豆柴は特定の犬種ではありません。一部のNPO団体や愛犬協会では、豆柴を犬種として認めていますが、日本最大の犬種登録団体「JKC」や「日本犬保存会」では、一切認めていません。

そのため、JKCが発行する血統書には、豆柴でも「柴犬」と記されます。

豆柴ってどんな性格?

豆柴の性格は、ノーマルサイズの柴犬と変わりません。

飼い主や家族に対して深い愛情を持ち、とても従順。その性格から、「忠犬」と称されることもあります。
無駄吠えすることはありませんが、不安や危険を感じると警戒して騒がしく吠えることがあります。

散歩や食事など。豆柴の飼い方ポイント!

豆柴は活発で、動くことが好きです。散歩は、途中にボールやフライングディスクで遊ぶ時間を設けるのがおすすめ。散歩から帰っても、落ち着きがなくうずうずしている場合は、散歩が足りなかったときです。愛犬の様子を見ながら、日によって散歩の距離やコースを変えると豆柴が喜んでくれますよ。

また、豆柴は抜け毛が多い傾向があります。毎日1度はブラッシングをしてあげてください。ブラッシングをすることで、皮膚病のリスクを減らすことができ、犬とのコミュニケーションにもなります。シャンプーは、月に1回を目安に行うといいでしょう。

食事については、子犬のころは体作りのため栄養が必要ですので、高たんぱく・高カロリーの子犬用のフードを適量与えてください。1歳を迎えたら、少しずつ成犬用フードを与えましょう。
肥満は健康を害しますので、フードやおやつの与え過ぎは厳禁です。

皮膚疾患に注意! 豆柴の健康管理について

豆柴は皮膚の病気にかかりやすい犬種といわれています。病原菌、ホルモン異常、アレルギーやアトピーなど、皮膚病の原因はさまざま。カビやダニ、ハウスダストなどが原因のアトピー性皮膚炎は、丁寧なブラッシングと、豆柴が暮らす部屋を清潔に保つことが大切です。

丈夫な犬種ですが、老犬や肥満犬は、内臓の病気や関節の異常にも注意してください。食欲がない、鼻が乾く、よだれが出るなど、いつもと異なることがあったら要注意。毎日観察をして、愛犬の変化を見逃さないように気を配りましょう。

小さな豆柴をしっかり育てよう!

豆柴の特徴や性格、飼い方のポイントなどについて紹介しました。豆柴は特定の犬種ではなく、小さなサイズの柴犬ですので、性格や飼い方は柴犬とほとんど変わりありません。

また、豆柴は皮膚疾患にかかりやすい傾向があります。1日1回のブラッシングを日課にして、皮膚炎を予防しましょう。

豆柴がいつでも健康で過ごせるよう、適度な運動と食事を心がげてください。愛犬の体や行動に何か異変を感じたら、楽観視せず動物病院を受診しましょう。