「#猫バンバンプロジェクト」ってなに?

「#猫バンバンプロジェクト」は、車に乗る前にボンネットを「バンバン」と軽く叩くことを呼びかけるものです。

冷え込みが厳しい季節、外で暮らす猫は、寒さをしのげる暖かい場所を探してさまよっています。
そんな猫にとって、エンジンを停止したばかりの車は恰好の場所。暖かいうえに、エンジンルームやタイヤの隙間など、猫の好む暗くて狭い隠れ場所がたくさんあります。

しかし、ドライバーが知らずにそのままエンジンを始動させたり、車を発進させたりすると、猫が巻き込まれて大けがをする場合や、最悪の場合は命を落としてしまう、痛ましい事故につながることがあるんです……。

「#猫バンバンプロジェクト」のはじまりはどこから?

2013年ころ、JAFがTweetで注意を呼びかけ、大きな反響を呼びました。正確な件数は把握していませんが、冬期は猫に関する出動が増えるそうです。

2015年には日産自動車がプロジェクト化し、2016年1月には専用サイトを設置しました。SNSでも多くの人が賛同し、「#猫バンバン」のハッシュタグをつけたコメントが数多く寄せられています。

実際に「猫バンバン」をした人約200名にアンケート調査をしたところ、7人に1人が「猫が隠れていた」と回答しました。

猫がいた場所として一番多かったのは車の下。次いでタイヤのそば・上という結果になりました。エンジンルームにいたという人も少数ながら存在しています。

ほうっておいても逃げ出したかもしれませんが、「猫バンバン」によって助かった命も少なからずあるでしょう。

猫を巻き込んでしまう事故は、車のエンジンも無事では済みません。事故が起こってしまったらショックなのはもちろん、交通手段がなくなったり費用がかかったり、痛手は大きいのではないでしょうか。

日産:#猫バンバンプロジェクト

ちなみに、このプロジェクトのために日産自動車が作った動画は、注意を喚起するとともに猫好き必見の内容です。

実際に「#猫バンバン」してみよう!

「#猫バンバン」はその名のとおり、車のエンジンを始動させる前にボンネットをバンバンと叩くこと。
「ボンネットがへこんだり傷ついたりするのでは?」と心配な人もいるかもしれませんが、猫に気付かせるのが目的なので、へこむほど強く叩く必要はありません。「猫コツコツ」で大丈夫だという人もいますよ。

なんらかの理由でボンネット側に回り込むのが難しい人は、ドアを強めに開け閉めするだけでも大丈夫。環境が許すなら、クラクションを鳴らすことも有効です。
たいていの猫は音がするだけで逃げていきます。

できれば、叩いたあとに鳴き声がしないか確かめてください。エンジンルームに入り込んだ猫が、自力で逃げられなくなっている可能性もあります。
物音がしたり、声が聞こえたりする場合は、すぐにボンネットを開けて中を確認してください。

寒い季節以外でも……

ちなみに、猫は夏の暑さや日差しを避けるために車の下やエンジンルームに入り込む場合があります。季節を問わず、エンジン始動前に音を出すのを習慣にしたいですね。

まとめ

「#猫バンバンプロジェクト」は、参加するために何か用意する必要はなく、特別な工夫も要りません。車に乗る前にボンネットを「バンバン」と叩くだけ。しかし、このちょっとした心配りで防げる事故や救える命があります。
一時のムーブメントで終わらせず、ドライバーの心構えとして広がってほしいと思います。

あなたの寄付が犬や猫の命を救うかも? ふるさと納税で動物愛護活動支援

好きな自治体に寄付すれば税金の控除を受けられる「ふるさと納税」は、税金の使い道を自分で決められる制度です。豪華な返礼品が毎年話題となりますが、犬や猫の保護活動に使い道を指定できる自治体があることをご存知でしたか?