猫のいたずらしたり暴れたりは狩猟本能によるもの?

猫は人間に飼われていても、狩猟本能が騒ぐことがあります。獲物を見つけたら襲い掛かかるのは猫にとって当然の行動。でも、本能だからといって、手や指に噛みつかれたり、壁や家具を壊されたり傷つけられたりは困りますよね。

人間と一緒に暮らしていくため、噛み癖がある、いたずらする、興奮しやすいなど、やんちゃな猫はしつけで改善する必要があります。

猫によってやんちゃはさまざま。タイプ別しつけ方法

【興奮しやすい猫】無視&おとなしい時だけ褒める

遊んでいたらいつのまにかヒートアップして暴れたり、攻撃的になったり……と、興奮しやすい落ち着きのない猫は無視が有効です。

おとなしくなったら思いきり褒める
猫が興奮して暴れ始めたら、まず「パン!」と手を打ち鳴らして驚かせ、猫の動きを止めます。動きが止まって猫がおとなしくなったら、「えらいね!」と大げさなくらいに褒めてください。
大げさに褒めるのは猫に褒められていることをと自覚させるためです。このようにして「おとなしくしていると褒められる」と覚えさせましょう。

褒められた後に猫が遊びを再開して、また興奮するようなことがあれば同じように対処します。手を打ち鳴らして猫の動きを止める。そして、落ち着いたら褒める。猫が覚えるまで繰り返しましょう。

【噛み癖がある猫】騒がず慌てず、しっかりと叱る

噛み癖のある猫は、ハッキリと叱りましょう。噛みついたら、猫の目を見て「こら!」「ダメ!」と言葉で短く叱って、飼い主さんはその場から離れましょう。「噛まれた! 痛い!」と大騒ぎすると、喜んでいる、遊んでいると猫が勘違いしてしまうので禁物です。

また、噛み癖を付けさせないためには、子猫のころからのしつけが大切。子猫は噛む力が弱いですが、かわいさにかまけて人間の手や指で遊ばせていると、成猫になってからのトラブルにつながります。猫用のおもちゃで遊ばせるようにしましょう。

また、なでたり遊んだりしているときに急に噛まれる場合は、「もう触らないで」の合図の可能性があります。基本的に猫は独立心の高い生きものなので、かまい過ぎには注意してください。

【いたずらっ子】クサ~いニオイで対処する

家具や壁にいたずらをする猫には、あらかじめいたずらされる場所に猫の嫌いなニオイを付けて、近寄らせないのがポイントです。嫌なニオイを付けておくことで「ここではもう遊びたくない」と思わせましょう。

猫は柑橘系やハッカ、香辛料のにおいなどが苦手とされています。ただし、猫はアロマオイル、エッセンシャルオイルの成分を代謝できず中毒を起こすことがあるので使ってはいけません。

市販のしつけ用スプレーを使うと安全で手軽です。直接ニオイを付けられない場合は、ティッシュペーパーや布にニオイを付けて、猫にいたずらされたくない場所に置くのがおすすめです。

頭ごなしに叱るのは禁物

やんちゃな猫をしつけるときに注意したいのは、頭ごなしに叱らないということです。頭ごなしに叱ってしまうと、猫が自分の身を守るために攻撃的な行動をすることがあります。やんちゃさが悪化すれば、さらにしつけは難しくなります。

くれぐれも大声で叱ったり、叩いたりするのは避けてください。また、やんちゃな性格を根本から改善しようとするのではなく、ある程度は許容するのも、猫といい関係を築くためのひとつの方法です。ストレスなくしつけをすることで、飼い主の精神的な負担も減るでしょう。

まとめ

猫が暴れたり噛みついたりすると、猫はもちろん、人間がケガをすることもあります。猫と一緒に生活するためには、「叱るのはかわいそう」と思わずきちんとしつけることが大切です。

やんちゃな猫のしつけは時間と根気が必要ですが、飼い主も猫もストレスをためないよう気長に頑張りましょう。

猫と上手に暮らすために。猫のしつけは「猫づきあい」を知ることから。

猫さまにしてはいけないことを覚えていただくためには……

猫が急に噛むのは7つのこんニャ理由から! 本能を満たして予防しよう

「なんか猫に噛まれたけど理由がわからない……!」

猫のブリーダーについて

魅力たっぷりの猫をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなの子猫ブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な子猫を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなの子猫ブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の猫を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなの子猫ブリーダーに移動します