1. 飼い主が優越感に浸れる? 人見知りの性格のロシアンブルー

一般的に猫は気まぐれなイメージがありますが、ロシアンブルーはその逆。性格は思慮深く、飼い主に対して深い忠誠心を示します。飼い主に寄り添うその献身的な姿は、犬のようだと言われることも。

飼い主さんを独占したい! とってもヤキモチ焼き
飼い主がほかの猫をかわいがっているのを見ると激しく嫉妬するなど、ヤキモチ焼きの一面もあります。愛情深さの裏返しかもしれませんね。

また、人見知りが激しく、飼い主さんなど自分が認めた相手以外には強い警戒心を示し、心を開こうとしません。人に慣れるまでに時間がかかるようです。なかなか懐いてくれないロシアンブルーをいつか振り向かせたいと、猫カフェに足しげく通う人もいるんだとか。まるで高嶺の花のようですね。飼い主さんはちょっとした優越感に浸れるかもしれません。

2. おとなしくて飼いやすい。その名も「ボイスレスキャット」

ロシアンブルーはシャイでおとなしい猫。人の注目をあまり求めないなんとも控えめな性格です。そのおとなしさは「ボイスレスキャット」と呼ばれるほど。ほとんど鳴くこともありません。アパートやマンションでも安心して飼えそうですね。

賢いのでしつけもしやすく、初心者の方にもおすすめですが、ロシアンブルーは静かな暮らしを好みます。騒がしい環境は苦手なので、小さい子どもがいる家庭や大家族にはあまり向きません。単身者や穏やかに過ごしたいシニアの方と相性がよいでしょう。

3. クールビューティーな「ロシアの貴公子」

「ロシアの貴公子」と呼ばれるロシアンブルー最大の魅力はその美しい容姿にあります。ベルベットのような光沢を放つブルーの被毛、エメラルドグリーンの瞳、引き締まったしなやかな体にすらりと伸びた四肢……と高貴でクールな魅力がたっぷりです。かっこいい猫の代表と言われるのもうなずけますね。

ちなみに、瞳は子猫のときは「キトンブルー」と言われる淡い青色ですが、成長とともに美しいグリーンに変化していきます。その過程を楽しめるのも魅力です。

おとなしいロシアンブルーですが、運動好きで飼い主と遊ぶことが大好きです。ロシアンブルーを飼ったら、スマートな体の維持も兼ねてたくさん遊んであげてくださいね。

4. 優美なほほえみ「ロシアンスマイル」

ロシアンブルーは顔立ちもとっても優美。キュッとカーブを描く口元が特徴で、ほほえんでいるように見えることから「ロシアンスマイル」と呼ばれ愛されているんです。いつも笑顔のロシアンブルーがそばにいたら、穏やかで幸せな生活がおくれそうですよね。

5. 病気になりにくい

ロシアンブルーは遺伝病が非常に少なく、病気になりにくい猫種と言われています。個体によっては、18歳くらいまで生きることもあるそうですよ。とはいえ、長生きは日頃のケアがあってこそ。ロシアンブルーは繊細な性格ゆえストレスを溜めやすかったり、暑さに弱かったりなど弱点もあるので、飼い主が飼育環境に配慮しなければなりません。

毎日の健康チェックを怠らないようにしていれば、きっと長生きしてくれるはずですよ。

最後に

高貴なたたずまいに繊細で控えめな性格など、優美な魅力あふれるロシアンブルー。心許した相手には献身的に寄り添うので、飼えばきっと深い絆で結ばれることは間違いありません。この奥ゆかしさにあふれた美しい猫をぜひあなたもお迎えしてみてはいかがでしょうか。

執筆者プロフィール
“人と関わる仕事”、“愛犬・猫家”、“自称二流料理家”、“Mrchildren大好き”と、色々勝手に掲げてやっております。“フリーライター”として文章の勉強も兼ねて皆様にわかりやすく楽しい文章を提供できればと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

ロシアンブルーのブリーダーについて

魅力たっぷりのロシアンブルーをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなの子猫ブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なロシアンブルーを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなの子猫ブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の猫を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。ロシアンブルーが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのロシアンブルー子猫ブリーダーに移動します