ラグドールはどんな猫?

ラグドールとは、英語で「ぬいぐるみ」を意味しています。あまり激しい動きをせず、抱っこされるのが好きという性質からその名が付けられました。ふかふかの被毛や丸みのある大きな体のラグドールは、じっとしていると本当にぬいぐるみのようです。

ラグドールはペルシャバーマン、バーミーズとの交配で、1960年代にアメリカのカリフォルニアで誕生しました。猫種としては歴史が浅いですが、世界中で愛される人気の猫種です。

ラグドールの特徴

ラグドールの特徴といえば、ふかふかの被毛と大きな体。ボディタイプは「ロング&サブスタンシャル」に属し、骨格ががっしりして筋肉が発達した、体重のある猫種です。
ロング&サブスタンシャルタイプには、ほかにメインクーンノルウェージャンフォレストキャットサイベリアンなどがいます。

成猫の平均体重はオス5~7kg、メス4~5kgほどで、4kg前後という猫の平均体重と比べ、少々重めです。大きいオスだと10kgを超えるほどになることも。成長がゆるやかで、一般的な猫が生後1年程度で成猫になるのに対し、ラグドールは3~4年は成長期が続きます。

生後間もないラグドールはほぼ真っ白ですが、そこから少しずつ色付いてきます。ラグドールは毛並みが完成するのにも2年程度の年月が必要です。
美しいブルーの目がラグドールの代名詞でしたが、最近ではグリーンの目をしたラグドールも認められているようです。

ラグドールの性格は?

穏やかでおとなしいラグドールは、あまり狩りに執着しません。猫を飼っていると、引っかいたり追いかけたりといった行動に悩まされることがりますが、ラグドールの場合は心配ないでしょう。

ラグドールは人懐こく甘えん坊で、猫にしては珍しく、抱っこされるのが大好き。温和な性格で、子どもやほかの猫にちょっかいを出されてもじっと耐える忍耐強さがあります。

飼い主が座っていると、自分からひざの上に乗りにくるような甘えん坊です。しかし、留守番は問題なくできますし、鳴き声も大きくないので、集合住宅などでも飼いやすい猫種でしょう。

ラグドールの飼い方と注意点

ラグドールは1歳まではほかの猫種と同じように急激に成長し、その後もゆっくりになるものの、3~4歳まで成長を続けます。

1歳までは成長期に必要な高タンパク・高カロリーの食事を与えますが、以降は注意してください。成長は続きますがスピードはゆるやかになるので、以前と同じペースで食事を与えていたら肥満の危険性があります。
ラグドールは活発な動きをしないのでカロリーを消費しづらく、成長期か肥満なのか判断しにくいです。被毛も厚いので見極めは難しいですが、なるべく体を使う遊びに誘い、ボディコンディションスコアなども活用してしっかり管理しましょう。

ラグドールは毛量が豊富なので毎日のブラッシングが欠かせません。換毛期はさらに抜け毛が増えるので、念入りなブラッシングと部屋の掃除を怠らないようにしましょう。
基本的にはブラッシングのしすぎで毛が薄くなることはありませんが、しっぽだけは別。あまりいじると、ラグドールの立派なしっぽが貧相になってしまうことがあるので、しっぽはさっとブラシを通す程度にしてください。

まとめ

ラグドールを飼う場合、体重の管理や毛並みの手入れには気を配らなければなりませんが、留守番もできておとなしく、飼いやすい猫種でしょう。
世界的に人気のラグドールは、抱っこが大好きな甘えん坊な性格や、手触りのいい毛並み、美しい目など魅力が盛りだくさん。いっしょに暮らせば飼い主にしかわからないラグドールの魅力を、さらに発見できるかもしれませんね。

【リアルぬいぐるみ?】抱っこ大好き「ラグドール」の性格・特徴のまとめ

ふわふわで柔らかくて、くたくたで…… 一度抱っこしたらもうメロメロ? 大きくておとなしいラグドールはどんな猫種?

ラグドールのブリーダーについて

魅力たっぷりのラグドールをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなの子猫ブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なラグドールを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなの子猫ブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の猫を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。ラグドールが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのラグドール子猫ブリーダーに移動します