室内飼いの猫にも首輪は必要?

リードをつける必要のある犬と違い、猫は必ずしも首輪をつけなくてはならないわけではありません。さらに、完全に室内で飼っている場合は特に首輪が役立つ場面はなさそうです。
かわいいデザインは魅力的ですが、そのほかに猫に首輪をつけることにどんな意味があるのでしょうか。メリットとデメリットを調べてみました。

メリット

① 飼い猫だと証明できる

室内と屋外を行き来している猫の場合、外を歩いているときに首輪をしていなければ、野良猫と区別がつきません。野良猫と間違えられることには意外とリスクが大きく、保健所などに捕獲されてしまったり、地域猫として避妊手術を施されてしまったりする可能性が考えられます。

すぐに飼い主が見つけてあげられれば問題ありませんが、誤って殺処分されたら、自分の知らないところで開腹手術されたら、と思うと気が気ではないですよね。
その点、首輪をしていれば一目で飼い猫であることがわかります。捕獲されるリスクは少ないでしょう。

② 迷子になったときの身元確認に

子猫のころから完全室内飼いでも、何かのタイミングで猫が脱走してしまうことがあります。野良だった猫を保護して飼っている場合などはなおさらですね。

外で迷子になってしまうと、首輪がなければ猫の身元がわかるものはありません。マイクロチップを埋め込む方法もありますが、チップがあるかどうか外から見ただけではわかりませんし、保健所や病院などマイクロチップのリーダーがあるところに連れて行かなければ照会できません。

首輪に猫の名前や連絡先などを書き込んだり、迷子札をつけたりすれば、迷子になったときに連絡をもらえる可能性が高まります。

③ 鈴をつければ猫の居場所がわかる

家のなかで猫がどこにいるのかわからなくなることはありませんか? 猫がいることに気付かず部屋に閉じ込めてしまったり、うっかり踏んでしまったり。

怖がりの猫だと、動物病院に連れて行かれる気配を察したり、来客があったりすると隠れてしまうことがありますが、しばらく姿が見えないと心配になりますよね。そんなとき、猫に首輪をつけていれば、鈴をつけることができます。
また、多頭飼いで一方の猫が一方の猫にちょっかいを出しすぎるという場合に、活発なほうの猫の首輪に鈴をつけておく、という飼い主もいます。

デメリット

①ストレスがたまる

首輪の一番のデメリットは猫のストレスになる可能性があるということでしょう。
きれい好きな猫は、首輪をしていることで毛づくろいできずにフラストレーションがたまることがあるようです。首になにかつけられているという状態そのものがストレスになる可能性もあります。

鈴やチャームがついている場合はなおさら。基本的に猫は大きな音を嫌うので、動くたびに近くで鳴る鈴やえさ皿に当たって音がするチャームを不快に感じるかもしれません。大雑把な性格の猫ならすぐ慣れてくれるでしょうが、神経質な猫ならストレスを感じてしまうでしょう。
なるべく飾りが少ない首輪を選び、鈴のない首輪から試すといいですね。

② 引っかかり事故

首輪がなにかに引っかかって首吊り状態になり、それで窒息してしまうことがあります。また、首輪から抜けようとしてあごが引っかかって猿ぐつわのようになったり、肩を通したところで止まってたすき掛けになったりしてしまうこともあります。最悪の場合、命を落とすこともあり、首輪をつけることの大きなリスクです。

一定以上の力が加わると外れる「セーフティバックル」がついた首輪や、一部がゴムになっている首輪を選ぶと、万が一のときに事故になりにくいでしょう。

③ ハゲや皮膚炎

首輪をつけている部分の毛が擦れて切れ毛になり、薄くなってしまうことがあります。毛根がダメージを受けると毛が生えてこなくなる危険性も。首輪の素材が刺激になったり、長年同じ首輪をつけ続けることで雑菌が繁殖したりして皮膚炎を発症することもあります。

首輪は交換用を用意してたまに洗うようにしてください。首の部分はまめにブラッシングしてあげましょう。毛が擦れにくいよう適正なサイズをしっかり選んでください。長毛種の場合は細めの首輪を選ぶといいですよ。

猫に首輪をつけるときの選び方

猫に首輪をつけることにはメリットもデメリットもあります。そのうえで、首輪をつけることに決めたなら猫にぴったりのものを選んであげたいですね。

まずは、猫の首のサイズを測りましょう。首輪をつける位置をメジャーで測ります。首輪をつけるときは首のまわりに指2本程度入るゆとりが必要なので、測った長さに短毛種なら3~4cm、長毛種なら4~5cm足したのが適正サイズとなります。

さまざまなデザインがありますが、初めは軽く装飾の少ないシンプルな布製を選びましょう。猫は革製だとにおいや重さを嫌がることがあり、リボンやチャームなどの装飾は首輪自体に慣れない猫にとって邪魔になるかもしれません。少しずつ慣らしてかわいらしいデザインに挑戦しましょう。

首輪をつけてみて、暴れたり元気がなくなってしまったりする場合は首輪をゆるめるか外すかしてください。猫が嫌がる場合は、急に長時間つけっぱなしにするのではなく、毎日少しずつ首輪をつける時間を延ばして慣らしていくのもいいですね。

まとめ

猫に首輪をつけることには、メリットもデメリットもあります。どちらを優先するかは飼い主と猫次第。よく検討して、猫に首輪をつけるかどうか決めましょう。

猫は洗濯ネットがお好き? 洗濯ネットの使えるポイントや上手な入れ方まで

猫飼いさんが持っていると便利なグッズといえば、これは外せない!

猫のブリーダーについて

魅力たっぷりの猫をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなの子猫ブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な子猫を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなの子猫ブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の猫を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなの子猫ブリーダーに移動します