犬に食べさせてはいけないナッツの種類とは

かわいい愛犬には、人間と同じようにおいしいものを食べさせてあげたいと考える飼い主さんは多いです。
しかし、人間にとってはおいしくても、犬には危険な食品があるんです。そのなかでも、ナッツ類は犬に大変有害と言われています。

ナッツ類と言ってもさまざまな種類がありますが、どれを食べさせても危険なのでしょうか?
犬に食べさせてもいいナッツはあるのでしょうか。

マカダミアナッツは危険な食べもの?

海外のお土産として定番のマカダミアナッツですが、このマカダミアナッツは犬にとってかなり危険な食べもの。「マカダミアナッツ中毒」という病名があるほど、中毒を起こしやすい食べものです。

犬がマカダミアナッツを食べてしまった場合、食べて数時間後に中毒症状を起こし、重度の中毒になると死亡してしまうことも……。

ナッツ類のなかではマカダミアナッツが一番危険といわれていますが、他のナッツもあげていいわけではありません。
よく「犬に食べさせてはいけない」と言われるチョコレートもカカオ系のナッツの一種ですし、基本的にナッツ類は高カロリーで油分が多く、消化不良を起こしやすい食べものです。

犬がナッツを食べたときに起こる主な症状

個体差があり、少量でも症状が出る犬や、たくさん食べても平気な犬もいたりとさまざまです。なぜ犬にナッツが有害なのかは解明されていませんが、犬がナッツを食べることによって中毒が起こることは確かです。

では、犬がナッツを食べたときに実際起こる中毒症状はどのようなものでしょうか。

まず多く見られる症状が、嘔吐や下痢、発熱です。また、痙攣やひきつけを起こしたり、ぐったりして無気力になったりというのもよくある症状です。
このような症状は、ナッツの摂取後12時間以内に起こることが多く、重度の場合は腎不全を引き起こし、死に至ることも……。

危険と言われる食べものは、犬の手の届かないところに保管することが犬を中毒から守る一番の方法です。
かわいいからといって欲しがるものを与える行為は、逆に愛犬を苦しめる場合もあるということを、飼い主はしっかりと心得ておかなければなりませんね。

犬のナッツ中毒の治療法と注意点

たいていは特に治療しなくても時間の経過とともに自然に回復すると言われていますが、動物病院で診てもらう方が安心です。

犬によっては重症化することもありますし、大量に食べてしまった場合、消化の悪いナッツが腸に詰まって腸閉塞を引き起こすこともあるので、やはり獣医さんに確認してもらいたいですよね。

動物病院での処置としては、レントゲンを撮り、胃と腸にあるナッツを確認します。その後、吐き気止めや水分補給の点滴をしながら経過を観察することになるようです。
ナッツの中毒症状に特別な解毒剤はありません。症状によって対処療法を施すことになるようです。

ウンチの中にナッツ類が混ざって出てくればひと安心です。

まとめ

人間にとってはおいしく栄養のある食べものでも、犬にとっては中毒を起こす危険な食べものであることがあります。
家族の一員の愛犬が元気に長生きするために、危険なものから遠ざけるのが飼い主の責任です。犬にとって危険な食べものを把握し、知らずに与えたり、犬がうっかり食べたりすることがないように管理しましょう。

【犬にブドウはダメ絶対!】意外に知られていないブドウの危険性

夏から秋が旬のブドウ、犬に食べさせちゃいけないって知ってましたか?

パーティーシーズンは要注意! 犬や猫にお酒を飲ませるのは絶対にダメ!

酔っぱらった姿がかわいくてペットにお酒を与えてしまう人がいますが……

犬のブリーダーについて

魅力たっぷりの犬をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な子犬を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのブリーダーに移動します