ロングコートか、スムースコートか

まず、チワワはロングコート(長毛種)とスムースコート(短毛種)がいます。人気が高いのはロングです。

初めて犬を飼う場合はスムースコートをおすすめします。毛が短い分、被毛の手入れが簡単です。

また、毛が短いほうが皮膚トラブルなどに気付きやすく、健康チェックが楽です。ただし、スムースの方がロングよりも寒さに弱いので、冬のケアに注意が必要です。

ロングコートはトリマーによる手入れは不要ですが、足の裏やお尻などは自宅でトリミングする必要があります。トリミング用のハサミ、コーム、スリッカーブラシなどの使い方も覚えておきましょう。

好みの毛色・模様は?

チワワはありとあらゆる色・模様があります。バリエーションはまさに無限といっていいでしょう。

・単色(ホワイト、クリーム、シルバーなど)
・パーティカラー(メインの色に別色が混ざる2色)
・トライカラー(3色)

はっきりと色が分かれていたり、グラデーションのようになっていたり、ブリンドルと言われる縦縞模様だったりさまざまです。

ひとつの店で決めるのではなく、複数のお店やブリーダー、里親募集情報などをチェックしてみてください。きっと好みのチワワが見付かるでしょう。

ただし、淡い色合いで大理石のような模様の「マール」と言われるパターンのチワワには注意が必要です。遺伝的な問題を抱えている可能性があるため、マールのチワワを購入するときは健康チェックを慎重に行いましょう。そして、繁殖には利用しないようにしてくださいね。

オスとメス、それぞれの特徴

どちらもしつけやすさや飼いやすさはあまり変わりません。ただ、次のような理由でメスの方が飼いやすいと言われています。

・オスのほうが「気が強い」「神経質」という面が顕著に現れることがある
・メスのほうが服やおしゃれアイテムが多い(チワワは寒さに弱く、服の利用が進められている)

ただし、チワワのしつけはオス・メスよりも、子犬のころからどれだけ徹底してトレーニングをするかという点がポイントになります。
性別よりも性格や相性を重視するといいですよ。

実際に触れ合って選ぼう

子犬は必ず実際に触れ合ってから決めましょう。抱き上げたときに「思ったより重い」「体がしっかりしている」と感じる子犬がおすすめです。そして次のような点に注目してください。

・目が輝いていて、目やに・涙やけがない
・耳や尻、足が汚れていない
・毛艶がよい
・足取りがしっかりしている
・人を見て尾を振る
・好奇心旺盛
・人懐っこい

もし、目や耳、尻などに汚れがあった場合は病気の可能性があります。また、足が汚れている場合はペットショップの糞や尿のケア、衛生管理が心配です。

元気で人懐っこい子犬を選ぶようにしましょう。大人しい子犬がいい人もいるかもしれませんが、体力が落ちている子犬や神経質な性格の子犬は飼いにくい可能性があります。

何頭か接してみて、相性のよい子犬を探してくださいね。

まとめ

チワワはカラーバリエーションが豊富です。探せば探すほどかわいいチワワに出会えるでしょう。子犬を選ぶポイントは毛色、毛の長さ、そして実際に接した感触や性格です。長い付き合いになるので、じっくり選んで貴方だけの一頭を家族に迎え入れてくださいね。

チワワのブリーダーについて

魅力たっぷりのチワワをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なチワワを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。チワワが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのチワワブリーダーに移動します