チワワは寒さに弱い犬! 冬の寒さ対策

チワワはメキシコ原産の犬で寒さが苦手です。特に短毛種のスムースコートは防寒・蓄熱能力が低く、冬の寒さで体調を崩すこともあります。

チワワはほとんどが室内飼いなので、暖房の効いた室内ならそれほど神経質になる必要はありません。

しかし、留守番させるために暖房を入れない場合、散歩に行くときなどは、寒さや乾燥から身を守るために防寒着を着用させたり、暖を取るための場所を準備したりしてあげましょう。

また、冬は雪が積もっている、路面が凍っているといった悪条件下では、散歩を取りやめましょう。肉球を傷付けたり、寒さで体調を崩したりする危険があり、滑って転倒し、脱臼の可能性もあります。気を付けてくださいね。

チワワは夏でも冷えている!?

犬は汗腺が人より少なく、体温調節が苦手です。人よりも低い温度で「暑い」と感じますから、夏の暑さは辛くて堪らないでしょう。
それなら夏は服は必要ないかと言えば、そうではありません。

夏に散歩に連れて行く場合、できるだけ朝や夕方の涼しい時間を選んでほしいですが、それでも超小型犬のチワワは地面からの照り返しの熱をモロに受けます。保冷材を入れられる服やバンダナなども出ていますので、上手に活用してください。
夏は虫が増えるので、服を着せておくことで害虫対策にもなりますよ。

また、夏だからといって、部屋をキンキンに冷やしていませんか? 人が快適でも、チワワにとって「寒い」と感じることがあるんです。

冷たい空気は下に溜まるので、床に一番近い場所で生活するチワワのまわりが冷たくなっているケースがあります。
夏は扇風機なども活用し、部屋の空気を循環させて部屋全体が均一に冷えるようにしてください。どうしても難しい場合は夏でも防寒用の服を着せるのも手です。

皮膚トラブル防止にも

毛には水濡れや紫外線、土ぼこり、寄生虫などさまざまなものから皮膚を守る役割があります。毛が短いスムースコートはこうした刺激から皮膚を守るためにも服を着せるといいですよ。

また、ロングコートチワワもサマーカットなどで毛を短くしたときは服やコートを活用してください。カットする前に皮膚の保護の仕方も考えておきましょう。

けがをしたり手術で毛を刈ったときなども、外部刺激からの保護や舐めることの防止のため、服でカバーするといいですよ。

年齢を重ねたチワワは毛の生え替わりサイクルが衰え、皮膚の防護機能が低下します。ブラッシングなどで皮膚に刺激を与えて血行をよくすると同時に、散歩などのときに服を着用して保護するようにしてあげましょう。

服が持つ多彩な機能

服というとおしゃれにばかり目が行きがちです。しかし「散歩のときに愛犬を守る」「室内で快適に過ごす」「皮膚トラブルから皮膚を守る」「マナーパンツ」など、いろいろな機能があります。

抜け毛が多い犬向けの、全身を覆う服もあります。これなら毛が多く抜ける時期でも周囲に毛が飛び散ることを予防できます。車移動やよその家にお邪魔するときも気兼ねしなくてすみますね。

素材もパイル生地など犬の着心地を考えたものや、ニットなど高い保温機能を持つ素材など、さまざまです。

チワワの場合は抜け毛・寒さ・皮膚保護といった視点で服を選ぶといいですね。

まとめ

犬に服を着せることには賛否両論あります。しかし、チワワの場合は季節に応じて服を着せた方がいいケースがあります。愛犬の特性、体質などに合わせて機能的な服を選んであげてくださいね。

執筆者プロフィール
ドッグシッター/小動物看護士です。二人の娘に振り回されながら、記事を書いています。ミシンで子供達の服や布雑貨を作るのが趣味。ダルメシアンを多頭飼いするのが夢です。

チワワのブリーダーについて

魅力たっぷりのチワワをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なチワワを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。チワワが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのチワワブリーダーに移動します