猫用ハウスってどんなもの?

猫用のハウスは、寝床としてはもちろん、猫が落ち着いて過ごす場所としても使える実用的なアイテムです。

猫は暗い場所や狭い空間にいると落ち着く生きもの。興奮したり、嫌なことがあったとしても、猫用のハウスがあれば猫はいつでもそこに入って心を休めることができるのです。

一言で猫用ハウスと言ってもさまざまな種類があり、平べったいベッド型やドーム型、あるいは段ボール製や布製、植物を編んだものなどまさに多種多様です。最近はデザイン性の高いおしゃれなハウスも販売されています。

猫用ハウスはベッド型やドーム型が基本

猫ハウスは大きく分類すると、ベッド型とドーム型に分けられます。

ぽかぽか。昼寝にぴったりのベッド型

覆うものがなくオープンな「ベッド型」は、ひなたぼっこや昼寝にぴったりです。ぜひ猫がよく昼寝をしている場所や、日当たりがいい場所に設置してあげましょう。

素材も豊富で、比較的安価なのもメリット。たとえば夏はメッシュ素材やクール素材、冬はウール素材のベッドなど季節ごとにいくつか揃えて使い分けてもいいですね。

まさに我が家! 落ち着けるドーム型

かまくらのようにすっぽりと覆われる「ドーム型」は、日中でも薄暗い環境を作りやすく、猫が安心して過ごす場所として適しています。また、猫は縄張り意識が高いので、自分の匂いがする場所にいると安心するもの。ドーム型は匂いがこもりやすいので、猫にとってより安心できる場所になるでしょう。

インテリアにもなる猫用ハウスも

猫ブームの今、さまざまな猫グッズがあふれていますが、猫用ハウスもたくさんの種類があります。たとえばログハウス風や、籐を編み上げたアジアン風など、まるで部屋のインテリアにもなるようなおしゃれなデザインのハウスも多く販売されています。部屋の雰囲気に合わせて選んでみても楽しいですね。

また、なかには愛猫のためにハウスをDIY(手作り)する飼い主さんも。DIYの良さは好きな素材やデザインで自由に作れること。腕に自信のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

キャリーケースもハウスになります

動物病院に連れて行くときや、出かけるときに使う猫用のキャリーケース。実はこのキャリーケースをハウスとしても活用することができます。

お出かけ以外にも、災害時などいざキャリーケースを使おうとするときに、猫が抵抗してなかなか入ってくれないと困りますよね。普段からキャリーケースに慣れさせ、「落ち着ける場所」だと認識させておけば緊急時でも安心です。

猫がハウスを使ってくれないときは

猫用ハウスを用意したにもかかわらず、猫が入ってくれないこともあります。猫は警戒心が強いので初めて見るものに怖がっていることが多いものです。そんな時は警戒心を解いてあげるために、まずは猫用ハウスが安全だということを教えてあげましょう。

・ハウスの中に、猫の匂いが付いた布やおもちゃを入れる
・ハウスの中でおやつを与えて、ハウスにいいイメージを与える
などの方法が効果的です。

また、素材や形が気に入らないために、ハウスを使ってくれないこともあります。その場合は、別の種類の猫の好みに合うハウスを探ってみましょう。

気まぐれな猫ならではですが、見向きもしなかったのにしばらく置いておくと使うようになることもあるので、少し気長に様子を見るのもひとつです。

まとめ

猫用ハウスは、猫が落ち着いて過ごせる環境を作るのに便利なアイテム。ぜひあなたの愛猫にぴったりのハウスを選んであげてくださいね。

猫の毎日をハッピーに! 猫が喜ぶグッズの選び方【生活必需品編】

これさえあれば猫との生活は完璧! 猫と一緒に楽しく暮らすために、知っておきたいグッズの選び方