マンチカンの毛色は多種多彩!

短い足がキュートなマンチカンは、以前は交配する猫種が指定されていなかったためバリエーションが多彩。足が長いタイプのマンチカンもいますし、長毛種も短毛種も認められていて、特に毛色の種類は実に豊富です。

世界最大の猫の血統登録機関「TICA」も、すべての毛色を認めています。

全身が同じ色の単色タイプ

マンチカンの毛色の種類のひとつが、模様の入っていない単色です。単色は、全身が同じ毛色のことを指していて、ホワイト、ブラック、レッド、ブラウンなど、すべての毛色が認められています。

マンチカンにはタビー柄にもいろいろ

さまざまな模様の中でも、人気の高いタビー柄。タビーとは、しま模様のことです。円を描くようにぐるぐるとしまが入ったクラシックタビー、ヒョウのような斑点模様が入ったスポテッドタビーなどがあります。しまの入り方で、見た目の印象は大きく変わります。

毛の色ごとにブラックタビー、レッドタビー、クリームタビーなどの単色系から、ブラウンパッチタビーや、ブルーパッチタビーなどの混合タイプまでさまざま。知っておくと、ペットショップや里親募集サイトなどで、好みのタビー柄を探すときに便利ですよ。

キャリコと呼ばれる三毛猫タイプのマンチカンも

さまざまな毛色が存在するマンチカンには、日本が原種の三毛猫も存在しています。

海外ではキャリコやトーティアンドホワイトなどと呼ばれ、あまり見かけないため希少価値が高いようです。わざわざ輸入する人もいるそうですが、日本ではそれほど入手困難な毛色ではありません。一般のペットショップでも購入することができます。

三毛は、日本猫とマンチカンの雰囲気が好きな方におすすめの毛色です。

マンチカンの毛色と性格は、関係ある?

猫の性格は、毛色によって多少の違いがあると言われています。たとえば、ブラックはフレンドリーで、ホワイトは優雅で気が強い性格、グレーは穏やかな気質などと言われることが多いです。

しかし、マンチカンの場合はあまり毛色と性格は関係ないようです。マンチカンの代表的な性格としては、穏やかで好奇心旺盛、人懐こさが挙げられます。

それぞれに個性がありますので、マンチカンを迎えるときは実際に触れ合い、フィーリングが合った子猫を選ぶといいでしょう。

まとめ

毛色の種類が豊富なマンチカン。日本独特の模様である、三毛猫も存在します。同じような顔立ちでも、毛色しだいで雰囲気がずいぶん変わります。

毛色による大きな性格の変化ないとされていますので、どの毛色のマンチカンを飼うか悩んだら最終的には飼い主の好みです。実際に触れ合って、相性を確かめてから迎えることをおすすめします。

元気印の短足猫! マンチカンに合うキャットタワーとは?

猫の必需品? 足の短いマンチカンにキャットタワーを用意してあげるときに気をつけるポイント

マンチカンのブリーダーについて

魅力たっぷりのマンチカンをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなの子猫ブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なマンチカンを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなの子猫ブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の猫を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。マンチカンが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのマンチカン子猫ブリーダーに移動します