優良ブリーダーを見極めるためのポイントとは

ブリーダーの多くは、愛情を持ってマンチカンを育てています。
しかし、残念ながらそのなかにはマンチカンをお金を稼ぐための道具としか考えていない悪質ブリーダーが存在するのも事実です。
マンチカンの子猫を見るだけでは、ブリーダーの本質はわかりません。まずは、どのような場所で飼育されているのか見学希望の問い合わせをしましょう。

猫舎を見学させてくれないブリーダーは、他人に見せられないような環境でマンチカンを飼育している可能性が高いです。
のちのちのトラブルを避けるためにも、少しでも不安要素があれば、そのブリーダーからマンチカンを購入することは控えたほうがいいでしょう。

また、複数の猫種を繁殖しているブリーダーよりも、マンチカン専門で取り扱っているブリーダーほうが、マンチカンという猫種について深い知識を持っていると言えます。

ブリーダーからの直接購入は余計な費用の上乗せナシ

ペットショップで販売されているマンチカンは、元はブリーダーが育てたもの。
ペットショップを経由せず直接購入すれば、中間マージンが含まれないので、そのぶん安くマンチカンを買うことが可能です。
「値段が安い=不健康なマンチカン」というわけではありません。ブリーダーか直販の場合は人件費などを除いた価格ですので、当初の予算よりも低価格で良質なマンチカンを購入できる確率が高くなるのです。

また、マンチカンの立場から考えても、生まれた場所から遠いペットショップに運ばれることなく、慣れ親しんだ環境で育てられているというのは大きなメリットのひとつ。子猫の段階で大きなストレスを受けると、その後の性格形成にも大きな影響を与えます。

ブリーダーが基本のしつけを済ませている場合も

初めてマンチカンを飼うという人のなかには、きちんとしつけができるかどうか不安になる人も少なくありません。
すべてのブリーダーがそうだというわけではありませんが、ブリーダーなかには、トイレなどの基本的なしつけを済ませている場合もあります。
飼育場所が変わることによって、再度爪とぎやトイレをしつける必要はありますが、一度しつけをされている分、飼い主さんの負担は少なくなるでしょう。

同時に、ペットショップで単独飼いされているマンチカンよりも、兄弟姉妹と一緒に育てられたマンチカンは、社会性が身についているという長所も。多頭飼いを考えている場合も、スムーズに先住猫と馴染んでくれるでしょう。

親猫のタイプが確認できるため安心

ペットショップで販売されているマンチカンの場合、親猫を確認するのは難しいと言えます。

しかし、ブリーダーからの購入の場合、頼めば母猫を見せてくれることもあります。
両親猫が同じ場所で飼育されている場合は、父猫も確認できるため、病気や性格の遺伝などの情報についても、購入前に把握することが可能です。

親猫を見せてもらえないことが必ずしも悪いわけではありませんが、親猫の状態を確認できるというのはひとつのメリットと言えるでしょう。

まとめ

いろいろな購入方法があるマンチカン。ブリーダーからの購入の場合、繁殖者の人格、子猫の飼育環境、親猫の様子がわかるという点は、マンチカンを飼う上で安心できるポイントのひとつです。
どの方法で家にマンチカンを招き入れるか悩んでいるという方は、この記事を参考にブリーダーからの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

執筆者プロフィール

マンチカンのブリーダーについて

魅力たっぷりのマンチカンをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなの子猫ブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なマンチカンを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなの子猫ブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の猫を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。マンチカンが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのマンチカン子猫ブリーダーに移動します