ティーカッププードルというプードルはいない?

プードルにはスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイという4サイズがあります。

ティーカップというのは、トイの中でも特別小さな犬の俗称です。成犬になっても体高25cm以下、体重も2kg未満と言われています。

純血種の登録機関が定めているトイの標準は、体高24~28cm、体重2~3kgです。ブリーダーは「標準を守りながら繁殖させる」のが基本ですから、ティーカッププードルというのは標準から外れた、まれに生まれてくるとても小さなトイプードルなんです。

子犬のころに小さくても、成長すると体重が3kgになることもありえます。ティーカップだと思っていたのに、期待していた倍のサイズになった、という話もよくあることです。

「成長してみなければ、どれくらいのサイズになるかわからない」なんて、玉手箱のような犬ですね。

知っておきたいティーカッププードルの特徴

ティーカッププードルは特別小さなトイプードルです。体が小さいという以外はトイプードルと同じと考えていいでしょう。

人にも犬にも友好的で、遊ぶことが大好きな活発な犬です。小さくても毎日の散歩や、しっかり遊ぶ時間を作ってあげなければストレスが溜まる原因になります。

利口で言うことをよく聞きますが、ちょっと興奮しやすいところがあります。賢いがゆえに、「叱られないならイタズラしてもいい」と考えるような面もあります。子犬のころからしっかりしつけましょう。

毛色はブラック、ホワイト、ブラウンの3色がベースです。この3色からの派生カラー、シルバー、クリーム、ベージュ、レッド、カフェオレ、アプリコットなどがあります。

毛は単色で、成長とともに毛色が淡い色に変わっていく(退色していく)ことがよくあります。ブラックだった子犬が成長するとシルバーになったりしますが、病気ではありません。

ごくまれに2色以上の毛色・ミスカラーのプードルがいますが、繁殖に利用したりやドッグショーに出るのでなければ心配は要りません。

毎日のブラッシングは欠かせず、理想を言えば週1回のシャンプーと月1回のトリミングをしたいですね。
体が小さいので冬のシャンプーは体を冷やさないように手早く終えるように注意しましょう。

骨折、膝蓋骨脱臼、外耳炎、涙やけ、歯周病などになりやすい傾向があります。体が小さいために体力がなくて病気の治りが遅いこともあります。健康管理に留意しましょう。

飼う前に注意点を知っておこう

ティーカップという犬種はないので、ペットショップに行ってもなかなか出会うことができません。ティーカッププードルを飼いたい場合は小さなトイプードルを育てているブリーダーを探すといいですよ。

利益第一で強引な繁殖を繰り返しているブリーダーの場合、未熟児として生まれた健康面が心配な子犬をティーカッププードルとして販売しているケースもあります。信用できるブリーダーを選びましょう。

体が小さい、ということは体力があまりないということです。体力がなくて手術が難しい、骨が細くてケガしやすいなど、注意が必要なことも多いです。
初めて犬を飼う方は、飼い方や病気について、ブリーダーやシッターなどからアドバイスをもらえる環境を整えておくといいですよ。

まとめ

ティーカッププードルは小さくて愛らしく、他の犬種にはない魅力にあふれています。
成犬になっても小さいままかどうか不明だったり、健康面に不安があったり、初心者にはちょっと難しさを感じるところがあるかもしれませんが、プロのアドバイスを受けながらケアするといいですよ。

あなただけの小さな天使に出会えるといいですね。

執筆者プロフィール
ドッグシッター/小動物看護士です。二人の娘に振り回されながら、記事を書いています。ミシンで子供達の服や布雑貨を作るのが趣味。ダルメシアンを多頭飼いするのが夢です。

ティーカッププードルのブリーダーについて

魅力たっぷりのティーカッププードルをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なティーカッププードルを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。ティーカッププードルが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのティーカッププードルブリーダーに移動します