タイニープードルってどんなプードル?

タイニー(Tiny)とは「とても小さな」という意味で、文字通りタイニープードルとは「とても小さなプードル」を意味しています。気質や体型、毛色などはほかのサイズのプードルと同じで、陽気で人見知りせず、賢い犬です。

JKC(ジャパンケネルクラブ)やFCI(国際畜犬連盟)が定めるプードルのサイズは、スタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイの4種類。タイニープードルは公式に認定されているサイズではなく、トイプードルの一種ということになります。血統書の犬種は「プードル」、犬種記号は「PT(プードル・トイ)」と記載され、「タイニープードル」とは記載されません。

大きさでいえば、トイプードルとティーカッププードルの中間サイズをタイニープードルと呼んでいます。アメリカで小さめのトイプードル同士を交配し、たまたま生まれたのがタイニープードルでした。その後、大きさを安定させるために、タイニープードル同士の交配が進められています。誕生からまだ10年程度なので、サイズの固定や公認にはまだ時間がかかるでしょう。

タイニープードルは繁殖が難しく数が少ないため、販売価格は高めの傾向があります。

タイニープードルの具体的な大きさが知りたい

タイニープードルの成犬のサイズは、体高25cm以下、体重は2~3kg程度です。しかし公式サイズではないため、必ずしもこれに当てはまるとは限りません。

プードルにはさまざまなサイズがありますが、犬種としてはすべて同じ「プードル」です。厳密には成犬になったときの大きさを見ないと、サイズを確定できないのです。「タイニープードル」と銘打たれている子犬は、正確には「タイニーサイズに成長すると思われるプードル」です。

子犬のときに成犬のサイズを予測するには公式があります。確実とは言い切れませんが、目安にしてみてください。

生後2カ月目の体重× 3 =成犬の体重
生後3カ月目の体重×2.5=成犬の体重


タイニープードルは生後6カ月まで急激に成長し、その後は緩やかです。だいたい7~8カ月でだいたい成犬と変わらない大きさになるので、「どうしてもタイニープードルがいい」という場合は、できれば生後7カ月以降に選ぶといいでしょう。

一緒に暮らすタイニープードルの選び方

タイニープードルの人気は高まっていて、なかには食事量を減らしたりたまたま小さく生まれたりしたトイプードルを、「タイニープードル」として販売する悪質なペットショップやブリーダーもいるそうです。タイニープードルを選ぶときは、両親犬や祖父母犬のサイズがわかる、タイニープードルのブリーダーの元から迎えることがお勧めです。同じ両親から以前に生まれた兄姉の大きさがわかるとなおいいですね。

一般には、タイニープードルはトイプードルと比べ耳や鼻、口が小さいといわれています。マズルも短めな傾向があるので、タイニープードル選びの参考にしてみてください。

また、プードル、特にトイプードルにはいくつかかかりやすい遺伝性の病気があります。トイプードルから発展したばかりのタイニープードルにも病気の遺伝子を持っている可能性が高いです。
両親・祖父母犬の先天性・遺伝性の病気も確認するといいでしょう。タイニープードルを迎えるときは、DNA検査を行っているブリーダーを選んでください。

まとめ

タイニープードルはトイプードルよりさらに小さなプードルです。歴史が浅くまだサイズが安定していないため、トイプードルなみに大きくなったり悪質な販売をする業者がいたりと、迎えるときは慎重にならなくてはなりません。子犬を迎える際は、大きく育つ可能性も念頭に置いてください。
手のひらに乗るようなサイズのタイニープードルはとてもかわいいですが、もしも大きくなってもかわいさに変わりはありませんよ

トイプードルより小さい! タイニープードルの多頭飼いのポイントと注意点

犬を飼い始めると、「もう1匹いてもいいかな」と思う人は多いもの。とても小さいタイニープードルを多頭飼いするときは、注意したい点があるんです

小型犬のブリーダーについて

魅力たっぷりの小型犬をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な子犬を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の小型犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのブリーダーに移動します