アメリカの犬の日は8月26日!

ナショナルドッグデー(National Dog Day)はアメリカの「犬の日」。ナショナルドッグデーは2004年に始まり、毎年8月26日に開催されています。日本では「ワン・ワン・ワン」の鳴き声から語呂合わせで11月1日に制定されていますが、特に大がかりなイベントはありませんよね。

ナショナルドッグデーは、救助犬や警察犬、盲導犬など、我々の安全で快適な生活のために人生をささげてくれる犬をはじめ、人間を癒し、楽しませてくれるすべての犬たちに感謝する日とされています。さらに犬種による格差をなくし、すべての犬の幸せを願う日でもあります。

この日は全米各地で犬に関するイベントが開催され、保護犬の譲渡やチャリティー活動なども盛んになります。SNSなどでも愛犬の画像をアップする人が急激に増え、ナショナルドッグデーを知らない日本でも「何が起きているんだ?」と気になっていた人もいるかもしれませんね。
当日以降は#NationalDogDay のハッシュタグで検索すると、幸せそうな犬たちの画像であふれていて、こちらも幸せな気持ちになれます。

愛犬と一緒にメジャーリーグを観戦!?

ナショナルドッグデーのイベントとして一番有名なのは、メジャーリーグ観戦かもしれませんね。この日は愛犬を連れて球場に入場することが許されていて、飼い主とおそろいのユニフォームで試合観戦する犬をアメリカのあちこちで見られます。

厳密にいえばアメリカではほかにもいくつか球場に犬連れ可能な日があるそうです。日本で犬を連れて野球観戦できる日があれば、行ってみたいですよね!

ナショナルドッグデーはどんな過ごし方をしたらいいの?

日本では犬の日に大々的に何かする習慣がないので、ナショナルドッグデーをどのように過ごせばいいか戸惑いますよね。公式サイトでは、基本的には愛犬にキスして抱きしめてあげることでじゅうぶんとしつつ、「もっと余裕があるなら」ということで「ナショナルドッグデーを祝う方法」を紹介しています。いくつか抜粋すると、

犬に新しいおもちゃを買ってあげてください。
ブラッシングをして、余分な毛を取ってあげてください。

といった今すぐにでも実行できることから、

地域の下院議員に手紙を書き、議員があなたの州の劣悪なブリーディング施設とガスシェルターの禁止を支持するようにお願いしてください。

などのちょっと過激なものまで内容はさまざま。

犬の絵を描いて、いつかは消えてしまう犬との魔法のような日々を形に残してください。

というものには、犬を愛する飼い主は切なくなってしまいますね。

ナショナルドッグデー以外にもたくさんある犬の日

動物愛護の先進国である欧米では、ナショナルドッグデー以外にもさまざまな「犬の日」があります。

たとえば3月23日は「子犬の日(National Puppy Day)」です。この日は子犬から与えられる幸せを無条件に祝う日。「子犬まじかわいい!」と愛でつつ、不法な売買を撲滅し、悪質なブリーディングや無計画な交配をなくすことを目的とした日です。ぜひとも日本でも制定したい記念日ですね。

6月の第三日曜は父の日ですが、その翌週の金曜は「愛犬を職場に連れて行こうの日(Bring/Take Your Dog to Work Day)」。読んで字のごとく、飼っている犬を連れていくことを推奨する日で、イギリスで1996年に始まりました。アメリカでは1999年から行われています。
ペットの存在が従業員に役立つという考えから始まり、導入するために上司を説得する方法などが掲載されたキットが配布されることも。

ほかにも雑種犬の認識を変えてすばらしさを知ってもらう「ミックス犬の日(National Mutt Day)」、欧米では不吉で見栄えが悪いと敬遠されがちな黒い犬が、偏見なく幸せ暮らせることを願った「黒犬の日(National Black Dog Day)」など、犬にまつわる日はたくさんあります。

まとめ

「〇〇の日」と名づけられた記念日は無数にありますが、その日にあわせて行動したり催し物があったりする日は実は少ないです。「犬の日」に愛犬をかわいがる飼い主は多いですが、アメリカの犬の日のように、余裕があれば仕事を頑張る犬や、恵まれない犬に思いをはせてみませんか?

日本の犬の日も、願わくば犬を飼っている人も飼っていない人も犬のことを考えるきっかけの日になればいいですね!

【防災の日を前に】ペットを飼っているなら用意しておきたい「家にペットがいますカード」

ペットを愛する飼い主にぜひ持っていてほしい! 飼い主にもしものことがあったとき、ペットの命を守るエマージェンシーカード