子犬に与える餌の量・回数の目安は?

子犬の消化器官の発達には時間がかかります。そのため、一度にたくさんの量を食べると消化不良に陥る危険性があるので、成犬よりも1日に与える回数を増やす必要があります。
また、子犬は低血糖になりやすいので、餌が不足しないように気を付けなければなりません。

あくまでも目安ですが、生後2カ月頃は1日4回、3~5カ月齢は1日3回に分けて食事をさせると良いでしょう。
チワワティーカッププードルとも呼ばれるトイプードルなどの超小型犬では、生後3~4カ月頃でも1日4回位に分けて与えたほうが良いケースも。
便がゆるくなるようであれば、1回のフードの量が多くて消化不良を起こしていると考えられます。逆にヒツジやウサギの便のように小さく固い塊状の便が出るようであれば、餌や水分が足りない証拠。便の様子を見ながら、給与量や回数を調整してみてください。

急激に成長する子犬期は、生涯でもっとも摂取カロリーを必要とします。
食べ盛りの人間の子どもにもダイエットは悪影響でしかないように、太りやすい犬種だと言われるから、去勢や避妊手術をしたから、サイズが大きくなると嫌だからという理由で、子犬期に餌を少量に抑えるのは良くありません。
生後1歳頃までは、肥満になることを恐れるのではなく、骨や筋肉や体の組織が健全に発育できるようにサポートするのがもっとも大切です。
ドライフードのパッケージの側面や裏面に書かれている月齢と体重別の給与量を参考に、十分な量のフードを与えてください。

犬に必要なカロリーは、月齢や体重だけでなく、季節や生活環境によっても異なります。
夏は体力の消耗を抑えるために活動量が減るので、エネルギーの消費量が減ります。つまり、必要な摂取カロリーも減ることになります。逆に寒い冬は、体温を上げるために多くのエネルギーが必要になります。
長時間の散歩をしたり、犬の保育園や犬の幼稚園で1日を過ごしたりして豊富な活動を行った日も、エネルギーを多く消費しているでしょう。そのような場合は、子犬に多くのカロリーを摂取させる必要が生じます。
臨機応変に対応しながら、子犬の餌の量を増やしたり減らしたりしてあげましょう。

犬に必要なエネルギーは、体重あたりの体表面積に比例すると言われています。
小型であればあるほど、通常は体重あたりの体表面積が広いので、小型犬は大型犬に比べて栄養価の高い餌が必要となります。
犬種のサイズ別に分けられたドッグフードが販売されているのは、そのため。愛犬にマッチしたドッグフードを選んであげてください。

犬に必要なカロリーの計算式もありますが、計算方法が複雑で、小型犬か大型犬かによっても計算方法が異なってくるため、それにとらわれる必要はないでしょう。
すでに必要カロリーを計算のうえ記載された、ドッグフードのパッケージにある給与量を参考に給餌を続けつつ、子犬のワクチン接種時や、フィラリアやノミやダニの予防薬をもらいに行く際についでに、獣医さんに子犬の体重や体格が適正かどうかをこまめにチェックしてもらうことをおすすめします。

子犬の餌が適正でない場合、どんなことが起きる?

子犬が餌を食べ過ぎた場合、軽症であれば軟便が見られ、完全に消化不良を起こすと下痢や嘔吐を起こします。
実は、子犬の成長がゆるやかになる生後5カ月過ぎまでは、子犬のフードは計量せず、子犬が軟便にならない範囲で食べたいだけ与えるというブリーダーさんも少なくありません。十分な食事を摂れていないと、心身の発育に悪影響が生じるからです。

子犬が痩せてしまうと免疫力が低下するため、感染症などにかかりやすくなる危険性があります。また、痩せすぎは肝機能の低下の原因にもなります。
子犬のうちは、体内の水分量が成犬よりも多いため、生後4カ月頃までは全体的にぽっちゃりと感じられる程度で問題ありません。むしろ、飼い主さんの手で触ってみて、子犬の背骨や肋骨や腰骨が明らかにわかるようであれば痩せている証拠なので要注意。
子犬を気づかぬうちに痩せさせてしまう原因のひとつに、愛犬の適正体重を把握できていないケースが挙げられます。
ドッグフードのパッケージには、体重による給与量の目安が記載されていますが、その体重とはその犬の適正体重のこと。すでに痩せている4kgの子犬に4kgの表示に応じた給与量では足りません。
愛犬の適正体重を知るためにも、動物病院での定期的なチェックが受けられれば安心です。

ブリーダーさんやペットショップで、最初に伝えられた1日の給与量をそのまま与え続けてしまい、給与量が足りなくなってしまうケースもあります。子犬はぐんぐん成長します。その成長に伴って、与えるフードの量も増やしていかなければなりません。
子犬期に限っては、餌が少ないことで栄養不足にならように特に気を付けましょう。

子犬の餌を選ぶときのポイントは?

さまざまな種類のドッグフードが市販されています。フードのパッケージには「総合栄養食」と書かれたものを選んでください。
三大栄養素と呼ばれる、炭水化物、脂肪、タンパク質のほか、犬に必要なビタミンやミネラルがバランス良く配合されているのが、総合栄養食です。
粗悪な原材料や過度な添加物を使ったドッグフードは、ガンなどの病気の原因になるとも考えられているので、なるべく良質なフードを選ぶのも重要なポイント。
おおざっぱな目安ですが、1kgあたり1,000円以上のフードを選ぶと良いでしょう。同じブランドのフードの中に「パピー用(子犬用)」がある場合は、1歳頃まではそれをチョイスして与えましょう。

同じ種類のドッグフードだけを食べ慣れると、将来、療法食や災害時の避難先などで提供されるフードを愛犬が受け付けなくなる可能性があります。
1袋食べ終わるごとに、全部で3種類位の違うメーカーやタンパク源のドッグフードをローテーションしながら与えると良いとも言われています。
ドッグフードはパッケージを開けると少しずつ酸化をしていくため、開封したフードは1カ月以内に使い切ってください。

子犬の餌をふやかす方法は? いつまでふやかしたらいい?

熱湯でドッグフードをふやかすと、栄養素が壊れてしまう危険性があります。
ぬるま湯か常温の水で、時間をかけてふやかすのがベスト。このとき、ミネラルウォーターを使わないようにしましょう。人間ほどミネラルを必要しない犬がミネラルを摂りすぎると、尿路結石などの病気の原因になるからです。

乳歯が生え揃っていないうちは、飼い主さんの指で圧してみて、ドライフードに芯が残っていない位までふやかします。だんだんと乳歯が生えて来たら、少し芯が残る程度で大丈夫です。

消化機能や咀嚼力の発達の度合いには個体差があるので一概には言えませんが、生後4カ月に入ったら、一般的にはフードをふやかす必要はないでしょう。

まとめ

生涯でもっとも多くの摂取カロリーを必要とする子犬期は、ライフステージにマッチした餌をしっかりと食べさせましょう。
子犬の適正体重を動物病院でこまめに確認しつつ、子犬が痩せないように注意しながら、食事を正しく管理して健全な発育を促してあげてください。

執筆者プロフィール
獣医師・トリマー・ドッグトレーナー / ペットスペース&アニマルクリニックまりも病院長
18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。
ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。

現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。
毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。

プライベートでは一児の母。愛犬はシーズー。
家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています。
続きを読む

犬のブリーダーについて

魅力たっぷりの犬をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な子犬を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのブリーダーに移動します