トイプードルの規定サイズとは?プードル種の体重と体高

小さい体がかわいらしいトイプードル。プードル種は、体のサイズによって4つのタイプに分類されています。

■スタンダードタイプ:体重10kg以上、体高は45cm以上(オス)、38cm以上(メス)
■ミディアムタイプ:体重6~9kg、体高35~45cm
■ミニチュアタイプ:体重3~6kg、体高28~35cm
■トイタイプ:体重2~3kg、体高24~28cm

かなり細かく決められていますよね。細かい分類の理由は、純血犬種を守るため。不適切な繁殖を防ぐために、「標準(スタンダード)」が決められているのです。

プードル類の体の特徴

全体:正方形に近い形で、背が短く、腰のあたりが筋肉質
顔:細く前によく尖っている
耳:広くて前向きに垂れている
毛:ザラザラした手触りのシングルコート
肢:細くて長く、余り筋肉質でない
尾:断尾するのが一般的で、短くピンと立っている

こうした特徴に加え、ショー用のプードルはいわゆる「プードルカット」と称される、のど・四肢・尾の付け根の毛を剃るトリミングが行われます。

トイプードルが気をつけたい体のトラブル

トイプードルは骨が細く、あまり筋肉質ではないので脱臼や骨折トラブルが多い犬種です。
活発に動くのが好きなトイプードルが散歩に行くのを嫌がったり、動きがぎこちなかったりしている時は骨折や脱臼の可能性があります。

トイプードルの健康管理ポイント

トイプードルは、シングルコートといわれる一層構造の毛です。寒さに弱いので、空調管理には気を付けるようにしましょう。

年齢を重ねると毛艶がなくなり、涙やよだれなどで顔の皮膚トラブルが増えてきます。毛が目に入るのを防ぎ、涙や目やにをまめに拭き取ることに加え、食後の口の周りの衛生管理にも配慮が必要です。

豊かな毛に覆われて垂れた耳は、湿気や汚れが溜まりやすい場所です。寄生虫によるトラブルも多くみられますので、定期的な掃除と駆除も忘れないでくださいね。

毎日のスキンシップの時にこまめに体の状態をチェックすることが、健康管理の大切なポイントです。

家でもできるトイプードルのトリミング

トイプードルの魅力のひとつはやはり豊かな被毛ではないでしょうか。
毛の健康を保つためには、トリミングが必要です。スリッカーブラシ、コーム(くし)、ハサミを準備し、自宅でのトリミングを欠かさないでくださいね。

自宅でのトリミングのコツ

トリミングといっても、特別な技術は要りません。
まずは、毛玉やゴミなどを除くために、スリッカーブラシでブラッシングしてください。

お腹やおしりなど、デリケートな箇所は力を入れないで軽く手早く済ませてくださいね。子犬の時は、柔らかな獣毛ブラシでブラッシングに慣らす方がいいでしょう。

コームは目が粗いものと細かいものが一緒になっている製品がおすすめです。コームで仕上げを行うと、見た目のボリューム感や毛艶が違ってきますよ。

それから、足の指の間からはみ出ている毛はハサミでカットしてあげてください。この毛が原因で滑ってケガをすることがあります。肉球を切らないように気を付けながら、素早くカットしてくださいね。

月に一回はプロの手によるトリミングを

これらの基本的なトリミングを自宅で行ってください。そして、月に一回くらいはペットサロンでプロのケアを受けたいところです。

テディベアカットを基本に、耳の毛を長く残すエレガントカット、口の周りの毛を残すボーイッシュなカット、アフロヘア、由緒正しいプードルカットなど、好みに合わせて楽しめますよ。

まとめ

プードル種の中でも大きな人気を誇る、トイプードル。小柄で華奢ですが、瞬発力に優れた運動能力の高い体を持ちます。骨折や皮膚のトラブルに注意が必要ですが、日々のスキンシップを通して無理なくケアができます。最大の魅力でもある被毛を健やかに保つために、ホームケアとプロの技術によるトリミングを行いましょう。


あわせてこちらの記事もご覧ください

トイプードルの平均寿命は何歳?健やかに暮らすためのポイント

トイプードルのブリーダーについて

魅力たっぷりのトイプードルをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なトイプードルを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。トイプードルが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのトイプードルブリーダーに移動します