トイプードルのシャンプーの仕方は?

トイプードルのシャンプーは2~3週間に1回が理想です。あまり頻繁に洗いすぎると、必要な皮脂まで落としてしまいます。

シャンプーするときは、事前にブラッシングで埃や毛玉、死毛を取り除きましょう。

35~38℃のぬるま湯で、足元とお尻のほうからシャワーを当て、全身をしっかり濡らします。
泡立てたシャンプーを手に取り、マッサージするように全身を洗いましょう。その後、泡を完全に流してください。
順番は、洗うときは顔が最後、泡を流すときは顔が最初です。

シャンプー後はドライヤーで毛を乾かし、再びブラッシングしましょう。濡れたまま放置すると湿疹などの皮膚トラブルにつながります。
ドライヤーは、必ず自分の手に当てて熱すぎないか確認してください。やけどを避けるため、温風と冷風をこまめに切り替えながら乾かすか、低温に設定できるものを使いましょう。

なお、「散歩の後」「トイレの後」「食後」は、汚れたところを濡れタオルで拭き取ったり、部分的にぬるま湯で洗ったりしてくださいね。

シャンプーするときの注意点

人間用ではなく、犬用シャンプーを使ってください。犬の皮膚は人間よりもデリケートで、乾燥しやすく、細菌を引き寄せやすいという特徴があります。
必ず、犬の皮膚の特徴に合わせて作られているシャンプーを使いましょう。

シャンプーはトイプードルの体力を消耗するので、体調の良い日を選んでシャンプーしてください。シャンプーが終わったら、ゆっくり休ませてあげてくださいね。
体調が優れないときや老犬の場合は、犬のボディ用ウェットティッシュなどを使って汚れをふき取ってください。

シャンプーすることで、体を清潔に保つと同時に、病気の有無をチェックできます。定期的にシャンプーをして愛犬の健康を守りましょう。普段はあまり触らないところにできた腫瘍などに気づくこともありますよ。

シャンプーに便利なグッズ

以下のグッズを使うと、いつものシャンプーが少し楽になります。

・犬用バスタブ
小型犬用のバスタブを利用すると、トイプードルが暴れにくく、水もあまり飛び散りません。滑り止めがついていると安全です。シャワーフックが付いているものを選べば、両手を使って手早く洗えますよ。

・ペット用吸水タオル
吸水力の優れたタオルを使うと、ドライヤーを使う時間を短縮できます。

・小さな音のドライヤー
音が静かなドライヤーだと、トイプードルのストレスを減らせます。

まとめ

トイプードルはブラッシングやシャンプーといったケアが欠かせない犬種です。2~3週間に1回を目安に、犬用シャンプーでマッサージするように洗ってくださいね。シャンプーにはまだ早いけど汚れやにおいが気になる、というときは、ウェットティッシュなどを使ってください。
必要に応じてグッズも活用しながら、トイプードルの体を清潔に保ちましょう。

トイプードルのブリーダーについて

魅力たっぷりのトイプードルをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なトイプードルを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。トイプードルが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのトイプードルブリーダーに移動します