チワワは寒さに弱い犬

一般的にダブルコートの犬は寒さに強いのですが、チワワは暑い地域出身なので寒さに弱い犬です。

特にスムースコートという短毛種のチワワには防寒対策が欠かせません。チワワが快適に過ごせる温度は25℃前後といわれています。厚着させる必要はありませんが、室温や外の温度に合わせて服を着せましょう。

冬の外出時は犬用のコートを着せた方がいいでしょう。また、日によっては散歩をしない方がいいケースもあります。

真冬は地面が非常に冷たく、凍っていることもあります。散歩の場所や時間に注意して外へ連れ出してくださいね。

冬のチワワは防寒対策が不可欠

冬、皆さんは室温をどれくらいに保っているでしょうか。できれば人が寒いと感じないくらいの室温を保ってあげるのが理想です。特にチワワが子犬や老犬の場合は、激しい気温差は体に大きな負担がかかります。

室温を一定に保ってあげられないときは、犬用に防寒グッズを用意してあげましょう。

・湯たんぽ:熱湯を入れるタイプよりは、電子レンジで温めるタイプ、噛んでも破損しない固い容器がおすすめです。

・毛布:複数準備して寝床に敷いてあげましょう。お気に入りの一枚があるかもしれませんが、こまめに取り替え衛生面に気を配りましょう。

・服:散歩用にコートがあるといいですね。ヒモやボタンは引っかかってケガや誤飲の恐れがあります。また、ヒラヒラ揺れ動くスカートなどに飛びかかるクセがある犬もいます。トラブル防止のためにも、できればシンプルなデザインにしましょう。

・ホットカーペット:温度ヒューズ付きがおすすめです。低温やけどやコードをかじって断線するといったトラブルに注意してください。

・ファンヒーター:周りをサークルで囲うなど、やけどに注意して使ってください。

冬は暖房器具が欠かせませんが、犬は人よりも温度変化に鈍感。熱風が直接当たる場所などに長時間いることがないように注意してください。

犬は体温を下げるのが苦手なので、温まりすぎると冬でも熱中症になることがあります。

エアコンなどを利用する場合は湿度をチェックして、乾燥にも気を付けてくださいね。

服を嫌がらないチワワにする方法

飼い主がどんなに着せようとしても、服を嫌がるチワワは多いようです。そもそも犬は服を着るものではないので嫌がるのも当然。子犬の時期から少しずつ慣らしましょう。

まず、首輪やリードを付けても嫌がらないように慣らすところから始めます。ドライフードやおやつを食べるのに夢中になっているときに、首にリボンを巻きます。

首輪やリードが平気になったらバンダナや小さめのエプロンなどを着けて慣らします。少しずつ、体に触れる面積が大きなものに変えていきましょう。

帽子などは嫌がりやすいですが、同様におやつなどを食べるのに夢中になっている時に被せて、被っている時間を少しずつ長くする方法で慣らすといいですよ。

まとめ

チワワ(特にスムースコート)は寒さに弱い犬種。冬場はやけどや感電、誤飲などに充分注意して、暖房器具を上手に使いましょう。
服は子犬のころから徐々に慣らすようにして、寒さ対策をしながらチワワのおしゃれを楽しんでくださいね。

チワワのブリーダーについて

魅力たっぷりのチワワをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なチワワを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。チワワが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのチワワブリーダーに移動します