チワワのトリミングは必要? 不要?

スムースコートチワワはもちろん、ロングコートチワワもプロによるトリミングは基本的に不要です。毛の生え替わるサイクルが早く、抜ける量も多いので、プードルやヨークシャーテリアのようなトリミングは必要ありません。

ブラッシングをこまめにおこない、飼い主が自宅で「胸元や足、尾の飾り毛を整える」「ヒゲをカットする」程度で十分です。

サマーカットをする、しないというのは飼い主の好みです。必ずしもしなければならないものではないので、メリット・デメリットを知ったうえで判断しましょう。

サマーカットのメリット・デメリット

チワワはプロによるトリミングが不要ですが、サマーカットをするメリットは次のようなものがあります。

・シャンプーのあとに毛を乾かすのが楽
・見た目がかわいく涼しそうに見える
・ブラッシングが楽

一方で、次のようなデメリットがあります。

・紫外線や冷風などの刺激が皮膚に届きやすい
・寄生虫や物理的な刺激による傷、皮膚炎の危険が高まる
・元のような毛が生えてこなくなる
・毛が伸びたときにカットした所としていない所でまだらになる

プロのトリマーの間でもサマーカットについては賛否両論あり、バリカンを使わなければ大丈夫、トリミングナイフでカットすればOKなど、意見はさまざまです。

毛を切るとチワワは毛質が変わることがあります。ごわごわしたりカールしたり、場合によっては全然生えてこない、などということもあるようです。
毛質が変わればロングコートチワワの魅力・見た目に影響します。手術などで「カットすることもあるし気にしない」という飼い主もいます。

この辺りは飼い主の考え方次第です。日本の夏は気温が高く湿気もあるので、涼しいサマーカットにしてあげたいという飼い主は多いでしょう。
トリマーも依頼すればカットしてくれますから、好みで決めてください。

サマーカットしたときの注意点

チワワのサマーカットを行ったときは、次のようなことに注意してください。

・エアコンなどの冷風・冷気で体が冷えやすい
・紫外線、雨、熱気などが直接皮膚に届きやすい
・寄生虫などの影響を受けやすい
・皮膚が乾燥しやすい

毛には外部刺激から皮膚を守る役割があります。サマーカットをすると毛が少なくなりますから、皮膚を守る力が低下してしまいます。

夏の散歩中に直射日光や紫外線を受けて熱中症になったり、日焼けする危険があります。また、草木・枝葉などによる刺激で傷ができたり、寄生虫による皮膚炎の危険もあります。

散歩時間を考えたり、服を活用しておしゃれしながら皮膚を守るようにしたいですね。

また、室内でも注意が必要です。超小型犬のチワワは家の中で一番低い位置で生活しています。エアコンの冷気は下に溜まりますから、人が感じている以上にチワワが暮らす環境は冷えています。

定期的に床近くの温度を測って室温を調節したり、扇風機やサーキュレーターで部屋の空気を対流させたり、床近くだけが冷えないよう気を付けましょう。

サマーカットしたら、チワワを取り巻く環境を普段より注意深く観察して気を配っててください。

まとめ

チワワは基本的にトリマーによるトリミングは不要です。サマーカットは飼い主の好みでおこなうといいですよ。サマーカットした場合は、皮膚を守る毛を短くカットしてしまうので、皮膚トラブルが増える可能性があります。サマーカットは見た目も涼しくかわいいのですが、毛質が変化する可能性があることを忘れず、皮膚を守ること、生活環境に気を配ることを注意してくださいね。

チワワのブリーダーについて

魅力たっぷりのチワワをあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的なチワワを迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。チワワが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのチワワブリーダーに移動します