柴犬の特徴~小さいながらも俊敏で活発

古くから日本の犬として親しまれている柴犬。とてもかわいらしく、それでいて凜としたたたずまいで国内外で高い人気を誇ります。

体型は身体の高さよりも若干体長が長めで、均整のとれた骨太の体つきが特徴です。体毛は厚めでピンとした耳、そしてくるりと巻いたしっぽから北国の犬といったイメージもありますね。実際これらの特徴は北方系の犬に見られる特徴で、俊敏で活発に動き回る元気な犬です。

被毛は柔らかい毛と硬い毛のダブルコートです。アンダーコート(下毛)と呼ばれる柔らかい毛は密生しており、それを覆うように硬めのオーバーコート(上毛)があります。

柴犬は従順な性格~室内飼いに適した日本の犬

柴犬の性格はひと言で表すと「従順」。家と家の距離が近い日本で古くから親しまれていることもあり、無駄吠えが少なく、とても賢い犬種です。

賢さゆえ、飼い主がいい加減なコミュニケーションをとり続けると、言うことを聞かなくなることもあるので注意が必要です。基本的に従順で忠実な犬ですから、毅然としたしつけが柴犬との生活をより充実したものにします。

柴犬は自信にあふれ、闘志を持った犬としても知られています。
見た目からは想像しづらいところですが、同性の犬に対してライバル心を持つ、小さな動物を追いかけるなど好奇心と闘争心にあふれているため、番犬としても優秀な能力を発揮します。

アクティブな一面を持つ一方、室内では比較的おとなしく過ごすとても飼いやすい性格です。室内のおとなしさと外での闘争心は縄張り意識の強さの表れとも言えるため、来客はあまり好まないかもしれません。

柴犬の飼い方のポイント~ブラッシングと運動

犬の世話に欠かせないブラッシングですが、柴犬の場合は比較的楽に済ませることができます。毛並みは全体的に短く硬いので、かための犬用ブラシでブラッシングしていれば大丈夫。

ただし、毛の生え替わる換毛期は大量に抜け毛があります。皮膚の弱い犬種なので、入念にブラッシングして、皮膚病を予防してあげてください。

運動は毎日が理想です。そのためにも、散歩はできるだけ長めにしてください。
できれば、定期的にドッグランなど広いところで思い切り遊ばせてあげるといいですね。柴犬が本来の敏捷さを発揮し、ストレスのない生活を送ることができます。
運動や遊びを兼ねて服従訓練を行うと、柴犬との絆が強まり、柴犬本来の賢さや忠誠心を輝かせることもできますよ。

まとめ

柴犬は日本の風土で育った活発な犬です。賢さから無駄吠えを防ぐことができるものの、いい加減なコミュニケーションではコントロールしづらくなるので注意も必要です。たっぷり運動させて、しっかりと栄養を与えるといった健康的な飼い方をしてあげましょう。

あわせてこちらの記事もご覧ください

散歩上手はしつけ上手! 柴犬の散歩で主導権を握る方法

柴犬のブリーダーについて

魅力たっぷりの柴犬をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な柴犬を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。柴犬が気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなの柴犬ブリーダーに移動します