かわいい犬のサマーカット、実は犬は迷惑?

犬のサマーカットは、夏の暑さを避けるために被毛を短く刈り込むこと。ほかの季節とは違ったカットスタイルに挑戦でき、愛犬のサマーカットを楽しむ飼い主は多いですね。首まわりの被毛を残して全身を短くしたライオンカットや、ロングコートの犬をスムースコート見えるようにカットしたスタイルなど、さまざまなデザインがあります。すっきりした犬の見た目は涼し気ですし、抜け毛のケアも被毛が短いと簡単です。

しかし。
愛犬を快適に過ごさせよう、という飼い主の親心から行われるサマーカットですが、実は注意が必要なんです。もしかすると、あなたの愛犬のサマーカット、愛犬的には大迷惑かもしれません……!

本当のところ、サマーカットは涼しくない!?

犬の毛は寒さから身を守ってくれるもの、というイメージがありますが、それだけではありません。
犬の被毛を考えるとき、「断熱材」をたとえに出されることがあります。断熱材はそれだけで熱を発したり冷たくなったりすることはありませんが、保温性・保冷性に優れています。家に断熱材が入っていなかったら、外の気温の影響を受けてしまい、中でどんなに温めたり冷やしたりしても、効果は薄いでしょう。犬の被毛にも同じことが言えるのです。

被毛があれば、周囲の気温が高くても皮膚と毛の間にある空気の層が守ってくれますが、サマーカットによって被毛が極端に短いと、暑さをもろに感じてしまいます
犬は汗をかかないので、パンティングというハアハア荒い呼吸で体温を調節します。パンティングで体内の熱を放出しても、すぐにまわりの気温で熱せられてしまっては、体にかなりの負担がかかりますよね。熱中症の危険も高くなります

夏は暑苦しく見える犬の被毛ですが、カットしすぎると逆に暑くなってしまうことがあるんです。

断熱材だけでない、幅広い犬の毛の役割

犬の被毛は、周囲の暑さ寒さから体を守る断熱材のほか、皮膚を守るはたらきもあります。
犬の皮膚は人間よりずっと薄く、ちょっとした刺激に敏感に反応します。

サマーカットの弊害① 日光

「日焼け」は正式には「日光性皮膚炎」といい、犬も発症します。肌の赤身や脱毛、かゆみ、フケなどのほか、悪化すれば色素沈着や潰瘍を起こします。重度の場合はガンに進行することも。ラフコリーシェットランドシープドッグ(シェルティ)が発祥しやすく、この犬種のサマーカットには注意してください。

サマーカットの弊害② 虫

犬は散歩のときに草むらなどに突っ込んでいくことがありますが、そのときに虫から皮膚を守ってくれているのが被毛です。サマーカットで被毛が短ければ虫に刺されたり寄生されたりする危険性が増します。

サマーカットの弊害③ 傷

犬がサマーカットにした弊害のひとつが、皮膚が傷付きやすくなることです。皮膚がさらされるため、少々ぶつかっただけで切り傷ができたり、少々かゆくてかいたりするだけで傷になることもあります。

サマーカットの弊害④ 冷えすぎ

犬は人間より地面に近いところで生活していて、体感温度が低い場合があります。涼しくするためのサマーカットですが、冷房の効いた室内だと、涼しいというより寒さを感じることも。

一度サマーカットにしたら、被毛が……

サマーカットの影響は皮膚だけでなく、被毛そのものに及ぶことがあります。バリカンで犬の毛をカットすると毛質が変わったり、毛が生えなくなったりしてしまうことがあるのです。
今までふわふわの毛が生えていたのがごわごわした硬い毛になったり、真っ白だった毛が茶色っぽくなってしまったり……。毛質が変わるだけならまだしも、毛が生えなくなっては心配ですね。

原因はよくわかっていませんが、「バリカン」という道具ではなく、「短すぎるカット」が問題になるようです。ハサミでカットすると長さがある程度残るからか、異常はまず起こりません。
また、実際に問題が起こるのは全体の1割程度で、犬種にも傾向があります。トイプードルシーズーヨークシャーテリア(ヨーキー)などの、シングルコートで毛が伸び続けるタイプの犬はバリカンでカットしても変化はほぼ見られませんが、チワワ柴犬ポメラニアンなどダブルコートの犬種は比較的に毛質の変化が起きやすいと言われています。

まとめ

基本的に、犬はサマーカットをする必要はありません。夏毛に生え変わるダブルコートの犬種は特に、短すぎるサマーカットはしないほうがいい理由のほうが多いです。犬は生まれ持った被毛できちんと暑さを防いでいるので、暑さ対策をしてあげたい場合は、エアコンや扇風機、冷却マットなど、機器やグッズを利用しましょう。
シングルコートの犬種は定期的なトリミングが必要ですが、その場合もあまり短くするのは避けたほうがいいですね。

どうしてもサマーカットにしたい場合は、「ハサミを使わず」「短くし過ぎず」「切るのではなく梳く」を意識してください。
トリミングサロンでハサミでのカットをオーダーした場合、手間と時間のために料金が高くなることがあります。

大きく長さを変えなくても、全身の毛の長さを少し整える程度で愛犬の見た目としては十分にかわいらしくなりますよ。

犬の飼い主さんに聞きました!「夏場はどんな暑さ対策をしていますか?」

よそのおうちでは愛犬の夏対策をどうしているの?

防いであげられるのは飼い主だけ! 本当は怖い犬の熱中症

擦っておきたい犬の熱中症の症状とは

犬のブリーダーについて

魅力たっぷりの犬をあなたも迎えてみませんか? 

おすすめは、ブリーダーとお客様を直接つなぐマッチングサイトです。国内最大のブリーダーズサイト「みんなのブリーダー」なら、優良ブリーダーから健康的な子犬を迎えることができます。

いつでもどこでも自分のペースで探せるのがインターネットの魅力。「みんなのブリーダー」では写真や動画、地域などさまざまな条件で理想の犬を探せるほか、多数の成約者の口コミが揃っています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

※みんなのブリーダーに移動します